FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

良滝や!

日照の滝へ向かう途中、
道路脇のすぐ奥に素敵な滝を発見!

俺:「おおお、これは良滝や!

わたくし、
滝手前の草地に車をとめると、
早速カメラを取り出して、撮影を開始したのでした。

太郎滝_その1
太郎滝(落差12m)・概観】(長野県下伊那郡阿南町和合 『矢坪沢』

妻:「あら、悪くないわね」

ムフフ、そうだろそうだろ。

こういう予想外の良瀑っていうのは、
本当にワクワクさせられます。

俺:「ま、道路脇の滝やったし、落差も10m前後やったからな」
娘:「うん」
俺:「初めは、無名滝かな~とも思ったんだ」

ところが、家に戻ってから色々とWebで調べてみたら、
「太郎滝」という素敵な名前が!

子:「つまりこの上流には、次郎滝がある?」
娘:「またその上には三郎滝!」
兄:「おお、どこまでも続く連瀑帯!」

ねえよ…

妻:「でも、滝壺がほとんど無いのね」

Web検索で出てきた「太郎滝」の写真には、
どれも、それなりの滝壺が写っていました。

俺:「道路にまで土砂が流出した跡が残ってたわ」
子:「大雨で埋もれたか…」
兄:「それ、ビンゴじゃね?」
俺:「たぶんね」
娘:「瀬戸の滝も、災害復旧中だったんでしょ」
妻:「あちこちに、大雨の爪跡が残ってるわね」
子:「あれだ、滝壺が埋まっているなら、落差も12m無いかも…」

みんな:「「う~ん」」

まあ、規模の割には水量の多そうな滝ですし、
いずれ滝壺も復活することとは思います。

娘:「でも、滝姿はキレイ」
兄:「バランスは申し分ない」
子:「地域の良滝だな」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/359-0f3b5258
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示