03«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»05

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

三瀑筆頭

子:「写真集で見る以上に、瀑水が針だった!」

線ヶ滝_その1
線ヶ滝(落差35m)・全景】(群馬県甘楽郡南牧村星尾 『星尾川』

南牧三名瀑の一つ「線ヶ滝」

三名瀑の中でこの滝だけ、
県の「天然記念物及び名勝」指定を受けているのですが、
行ってみて納得。

娘:「インパクトあるよ、コレ」
妻:「直瀑でもあり、桶状でもあり、斜瀑でもあるワケね」
子:「まさしく、色んなカテゴリーを横断してるわ」
妻:「こういうの、何て言うんだっけ? カテゴリーキラー?」
娘:「カッコイイ!」

いや、違うと思います。
それなら「パワーセンター」の方が、ニュアンスが近いんじゃないでしょうか。

線ヶ滝_その3
【線ヶ滝・落口アップ】

娘:「桶状なのは三段の滝・下段部と同じなのに、迫力が段違いじゃん」
子:「だな」
妻:「見神の滝と似てる?」
俺:「フム……」

そう言えば、山梨県に
見神の滝という桶状の名瀑がありましたな。

子:「似てないと思う。見神の滝は、桶が水の勢いを殺してたでしょ」
妻:「そうだったわ」
子:「だけど線ヶ滝は、そのままスドーン!
俺:「ウム」

何より着水時の泡立ち方が、滝壺の深さを感じさせます。

娘:「それ!飛び込み競技で、上手な人ほど飛沫が上がらないってヤツ!」

線ヶ滝_その2
【線ヶ滝・滝壺アップ】

子:「迫力、美しさ、特殊な形状。どれを取っても申し分ない」
妻:「そうね」
娘:「落差だけが三段の滝に負けてるけど」
子:「それは総落差。単段だけでみたら、線ヶ滝に軍配が上がるだろ」

あらゆるカテゴリーに於いて、他滝を圧倒する線ヶ滝
その意味では、確かに南牧三名瀑パワーセンター的な位置づけになるのかも知れません。

子:「これ、三段の滝より、線ヶ滝の方が三名瀑の筆頭に相応しくね?」
娘:「そう思う」
妻:「こっちの方が、印象が鮮烈ね」

南牧三名瀑
ホント、伊達じゃありません!




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/354-19f2d25e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示