FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

やすらぎ

滝自体、そんなに落差は無いのですが、
バランスの良い滝姿と、澄んだ滝壺の水に、
わたくし、ガッツリ魅了されてしまいました。

龍王滝_その1
龍王滝(落差6m)・全景】(静岡県浜松市天竜区佐久間町 『河内川』

兄:「ええ感じやん」
妻:「写真だと静寂。でも、動画だと躍動感が伝わってくるわね」
俺:「エヘン!」
子:「これでもっと落差があれば、尚よかったな」
娘:「あたし、動画より写真の方が好き」

こういう滝に出会うと、
「滝って、落差だけじゃない」ということを、改めて思わせてくれます。

子:「は?落差こそ滝の核心要素だろう!」
娘:「違うでしょ。やすらぎこそ命!」
子:「なんだそりゃ、やすらぎって」
娘:「滝周りの環境とか水音とか、全体の雰囲気じゃん!」
子:「ハン! 落差無くして、滝に意味なし!」

そして始まる、次男君と娘のいつもの言い争いに、
ヤレヤレってな感じの長男君と妻。

兄:「お前らな…」
妻:「まったく。単なる嗜好の違いでしょう?」

ちなみにわたくし、やすらぎ派だぞ!

兄&妻:「「お…」」


沈黙。


龍王滝_その2
【龍王滝・落口アップ】

娘:「う~ん、やっぱりやすらぎを感じるよ~」
兄:「滝壺のエメラルド・グリーンがポイントだな」
娘:「それそれ!」
妻:「ちょっと浄蓮の滝と似てないかしら?」

フム。
云われてみれば、似てなくもないか?

娘:「うん、似てるかも」
子:「つまりコレ、もう少し落差があって、歴史を背負ってたりしたら…」
俺:「たら?」
子:「百選滝だったかも知れんの?」


間。


子:「ゴメンないわ」
兄:「うん、ないな」

確かに、そこまで秀瀑ではないか……。

龍王滝_その3
【龍王滝・下部アップ】

娘:「ではでは、龍王滝を一言でまとめよう!」
妻:「静寂」
子:「佳作」

佳作って……。

兄:「やっぱここは、やすらぎだろ」
娘:「だよね!」
俺:「ウムウム」

そう。
やすらぎを感じさせてくれる
地方の良滝との出会いでした。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/347-b8231c7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示