FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ダメージ

俺:「去年て、なんか大雨災害とかあったんだっけ?」
子:「なんで?」
俺:「いやもう、滝前が倒木だらけでさ……」
娘:「局地的大雨警報!」
俺:「あ~……」

うん、
警報とか、そういう話ではないんだよ。

機織淵_その1
機織淵(落差30m)・全景】(静岡県浜松市天竜区佐久間町 『機織沢』

そう、この機織淵
尋常じゃない倒木の数で、滝前がすっかり荒れ果てていたのです。

娘:「うわ~残念」
俺:「草ボウボウで、踏み跡も無かった」
子:「観瀑に来る人が、ほぼいないということだな」
俺:「案内板もヨレヨレだったわ」
兄:「しかも、この手前のシダがよ」
俺:「そうなのよ」

撮影のために、わざわざ草を除けて整地までしたのに
このありさま。

娘:「ホント鬱蒼としてる」
兄:「蚊のたぐいが涌いてきそうや」
俺:「おう、小さな羽虫がいっぱいいたぜ」
娘:「ゲロゲロ~」

機織淵_その2
【機織淵・上部アップ】

俺:「一番ダメージを感じたのが、滝の上部だ」

倒木によって、機織淵のハイライトが隠れてしまって、
滝の景観に、まさに大きなダメージを与えていました。

娘:「もったいな~」
妻:「ほんとね~」

滝姿が端整なだけに、
残念がる娘と妻。

子:「これさ、間滝のケースと似てね?」
娘:「間滝?」
子:「そう。岩盤の上に表土が乗っかっているだけなので、大量の雨が降ると、表層土砂が樹林ごと一気に崩れ落ちるヤツ」


間。


娘:「あ~なるほど」
妻:「そうかも」
兄:「しかし原因が判明したところで、倒木は無くなりましぇ~ん」

機織淵_その3
【機織淵・滝壺アップ】

俺:「フ。時が経てば、いずれ復活するだろう」
子:「……」
兄:「……」
娘:「先が長すぎ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/346-d2bff6b3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示