FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

インターナショナル!

娘:「男滝・女滝って観光滝なんだよね?」
俺:「せやな」
娘:「どのくらい観光滝なの?」
俺:「は……」

なんだかお嬢さんからの妙な質問ですが、
ま、言いたいことは分かります。

俺:「…外人がいっぱい居たかなあ」
子:「ほう、インターナショナルか!」

女滝_その1
女滝(落差10m)・全景】 (長野県木曽郡南木曽町吾妻 『男だる川』

娘:「ねね、それってアメリカ人?」
俺:「う~む」

確かに、英語を喋っている若い外国人カップルはおられました。
しかし、必ずしも「英語を喋る=米国人」とは限らないわけで。

俺:「あ、でも、明らかにドイツ語を喋ってるバックパッカーはいた」
子:「ほほう、ヨーロッパからも」
妻:「江戸から明治を思わせる馬籠の町並みが、白人に受けるんでしょうね」
俺:「そうだろうな~」
子:「で、ついでに滝にも寄る、と」
俺:「うむ。馬籠宿から妻籠宿までハイクする人は、必ず寄るだろうよ」

女滝_その2
【女滝・落口アップ】

娘:「ねね、お父さん何か喋りかけられたりした?」
俺:「もちろん」
娘:「わ! どんな?」
俺:「スミマセ~ン、チョト、ドイテクダサ~イ」
娘:「……」

馬籠まで来られるような外国の方は、
やはり日本文化への憧れを持っておられるのでしょうか。

俺:「カタコトだけど、たいがい日本語で喋りかけてくれたよ」
娘:「はあ~」

盛大にため息をつく娘。

娘:「せっかくの英会話のチャンスなのにぃ」
子:「なら、今度お前が行った時に喋ればいいんだよ」
兄:「アラ、オジョチャン、カワイイネ~」
娘:「キモいし!」

女滝_その3
【女滝・着水部アップ】

俺:「こうしてみると、男滝・女滝の外人比率って、華厳の滝並みだな」
娘:「なにげに凄いし」
子:「つまり、三大瀑布並みのインターナショナル

この外人の多さは、
間違いなく、百選滝と比べても、トップレベルでしょうな。

兄:「でも、滝の集客力というよりは、むしろ馬籠や妻籠との合せ技だろ」
妻:「中山道の魅力ってことかもね」
子:「滝自体は、よくある滝だからな~」

仮にそうだとすると、中山道っていう観光パッケージの中に、
男滝・女滝も含まれているってことでしょう。

娘:「あれだ、人を惹きつける江戸の息吹」
子:「いいや、違う」
娘:「じゃあ、明治の息吹?」
子:「いやいや違う」
娘:「じゃあ何よ?」
子:「インターナショナル!」


沈黙。






人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/336-4e87b7b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示