FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

渇水期

あちらこちらの記事で、
結構な名瀑として紹介されることの多い「大轟の滝」

子:「う~ん」

しかし、家族の受けはイマイチなのです。

妻:「いま一つパンチに欠けるわ」
娘:「これが名瀑だなんてね」

大轟の滝_その1
大轟の滝(落差20m)・概観】(徳島県那賀郡那賀町沢谷井元 『沢谷川』

以前、百選の滝に選ばれている大釜の滝を訪問したことがあります。

この「大轟の滝」は、そのご近所にある滝なのですが、
事前調査不足が祟って、その時は訪問せずに終わってしまいました。

俺:「思い返せば、駆け足の訪瀑だった」

なので、今回は満を持しての訪問!
だったのですが……

子:「これは雪輪の滝と同じで、渇水にやられちゃったねえ」
娘:「名前の割には、音が轟いてこないじゃん」
妻:「遠方の滝ほど、ベスト・コンディションで出会うのが難しくなるから」
俺:「これも一つの一期一会ではあるんだろうが……」

さらに、道路沿いから眺める滝なので、
行き交う車の走行音が、映像からも流れてきます。

娘:「やかましい、これ」
妻:「耳障り」
子:「うん、僕にとっては、名瀑の定義からは外れるわ」

大轟の滝_その2
【大轟の滝・上部アップ】

なんと言うのでしょうか、
四国の滝って、雨量の多寡で水分と表情を変える滝が多く感じられます。
なので、
訪瀑の時期は、慎重に選び抜かなければならないようです。

俺:「せっかく遠征したのに、滝がショボイと、やっぱりなあ」
妻:「そうね」
娘:「そうだよね」

子:「ま、今回の訪瀑を教訓にして、次に活かしたらいいんじゃね?」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/333-45ea02b6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示