FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

雪輪

美しく且つ危険な面河渓谷の遡行を終えて、
すっかりヘロヘロになってしまったわたくし。

俺:「なんとも命を懸けた遡行だった……」

その日は、わたくしと同じように御来光の滝に向かう夫婦パーティーが一組あって、
わたくしより後に出発し、
わたくしより先に、御来光の滝に到着しておられました。

で。

旦那様の方に、御来光の滝下から指差しで「遅えな」とか呟かれて、
なんだか余計に重たい気分に。

俺:(いや、あんたら登山道を使ってるだろ! こちとら遡行してんだよ!!)

翌日には、同じ石鎚山系の巨瀑「高瀑(たかたる)」を攻略するつもりだったのですが……

俺:「なんだかね~。いいや、今回の訪瀑予定、全部お手軽滝に変えちゃおうっと」

雪輪の滝_その1
雪輪の滝(落差80m)・主部概観】  (愛媛県宇和島市野川 『滑床渓谷』

娘:「これが雪輪の滝……」
子:「思ったより雪輪が見えない……」

そうしてやってきたのが、
愛媛の名瀑「雪輪の滝」

俺:「まあ、水量が無かったからな」

ところが。

天気は曇りだったのですが、夏季の渇水期だったためか水量が少なくて、
お目当ての雪輪が、ほとんど形成されていなかったのです。

俺:「キレイな雪輪が出来るには、やっぱり一定の水量と気象条件が必要なんだろう」
子:「まあ、確かに天候に左右される面があることは認める」
娘:「でも、これじゃあねえ……」
子:「だよな~」

雪輪の滝_その2
【雪輪の滝・主部上部アップ】

やはり、滑滝が最も美しく見える理由の一つは、この水紋というか「雪輪」でしょう。

子:「なんてったって百選滝だし」
俺:「うむ」
子:「名前からして、日本を代表する滑滝なのに、このザマだよ」

いやだから、滝って一期一会だし!

娘:「これ、梅雨時にリベンジしないとダメだよね?」
兄:「だが、水量多過ぎの濁流でも意味ないわ」
妻:「そうそう四国に行かれても、家計が持たないわよ」
子&娘:「「悔しーっ!」」

むう。
まあ俺だって、美しい雪輪が見たかったわ。

雪輪の滝_その3
【雪輪の滝・滝壺アップ】

娘:「ということで、ジャーン!」
子:「我が家の、三大美しい雪輪滝を選考しよう!」
娘:「パフパフ~!」


間。


兄:「俺なら、滑川大滝
俺:「おお、大物じゃねえか」
娘:「粟又の滝も印象深いけど」

ああ、あの臭う滝ね……

妻:「やっぱり九階滝?」
子:「だろ!」
兄:「その近辺、雪輪のキレイな滝が結構なかったっけ?」
俺:「あるぞ。兎滝とか桃洞滝とか六段の滝とか…」
娘:「でも、あたしが直接見たヤツなら、やっぱ五郎七滝だ!」
妻:「そうね。水量はなかったけど、かえって雪輪が目立ってたかしら」

これで、だいたい出そろいましたかね。

子:「じゃあ、九階滝滑川大滝五郎七滝が、我が家の三大雪輪滝ってことでどう?」
娘&兄&妻:「「異議な~し!」」

あれ?

俺:「ちょっと待てよ。オレの意見をだな…」
娘:「五郎七滝で!」
俺:「オレは…」
娘:「五郎七滝で!!」




人気ブログランキングへ
雪輪の滝は?
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/329-6e0616c2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示