FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

名前の由来

娘:「ねね、五郎七滝ってヘンな名前!」
俺:「しかし、蓑谷三滝の中で、一番落差のある滝である!」
娘:「でもって、雪輪がキレイだね~」
俺:「遠景だけどな~」

我が家では、滑滝が描き出す水紋のことを雪輪って呼んでます。
オリジナル出典は、愛媛県の百選滝である「雪輪の滝」

娘:「こういうの見ると、滑滝もイイなって思えてくるから不思議」

ふむ。
来年は、「雪輪の滝」に行ってみようかしら……。

五郎七滝_その2
五郎七滝(落差80m)・遠望】  (岐阜県高山市上宝町鼠餅 『沢上谷』

俺:「ちなみに、五郎七滝の名前の由来、知りたいですか?」
娘:「む。お父さんがそうやって聞くってことは、何かあるんだね」


間。


娘:「…まず、人の名前でしょ」
俺:「ピンポーン」
娘:「あと……あ! まさかニコニコ滝と同じパターン?」
俺:「ピンポーン!」

そうなのです!
五郎七という名の方が、この滝へ滑り落ちてしまった処から、
この名が付いたらしいのです。

娘:「げげ。あそこに落ちちゃったワケだ……」
俺:「落差は80m」
娘:「ふつう、助かると思う?」
俺:「俺は落ちないけどな」
娘:「うわ~、ほんとにニコニコ滝と同じじゃんか~」

五郎七滝_その1
【五郎七滝・主部アップ】

娘:「アチョ!」

そして唐突に、再び空手の演武を始める娘。

娘:「トオッ!」

あの~、
ビデオ撮影してるんで、静かにしてくれませんかね?

娘:「イヤな話を聞いちゃったから、パワー入れてる」
俺:「なんじゃそりゃ!」
娘:「あたしの演武の音で、ビデオの値打ちも上がるからね!」


……。


娘:「デヘ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/320-b7402a7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示