FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

宿命

以前に訪瀑した千波の滝のすぐそばにあった、濁沢の滝

当時、雨後の激しい増水に恐れをなしたわたくしは、
結局、濁沢の滝を訪瀑せずに帰路についてしまったのでした。

俺:「今思えば、もったいないことしたよな~」
妻:「それでいいの! もう、安全第一でお願いします」

濁沢の滝と出合うためには、
車道脇に車をとめたあと、
チョロッとではありますが、沢を遡らなければなりません。

俺:「それでだな…」
子:「うん、前置きいらんし、昨日、リベンジして来たんだろ?」
俺:「……」
子:「ほらほら!」

くそう。

俺:「ええい、見よ!」

濁沢の滝_その1
濁沢の滝(落差40m)・全景】  (山梨県西八代郡市川三郷町垈 『芦川濁沢』

娘:「ええ? 落差40m?」
妻:「ないわね」
子:「20mちょっとじゃ……」

そうなのです。
落差40mというと、すぐお隣の千波の滝の、なんと半分にあたるのですが……。

子:「いいとこ、三分の一だろこれ」

さらに、
動画だと、ますます低く見えるから、困ったものです。

俺:「あれだ。水量が少ないと、かえって低く見えてしまうってヤツ」

濁沢の滝_その2
【濁沢の滝・上部アップ】

娘:「そもそも、秋に行くのが間違いかも知れない」
妻:「秋こそ、紅葉で滝が映えるベスト・シーズンじゃないの?」
子:「そうじゃなくて。たいがいの滝は、秋に水量が減るじゃんか」
妻:「…そうね」

こういう滑々した滝って、
水量の多寡によって、その表情を劇的に変化させますし。

濁沢の滝_その3
【濁沢の滝・下部アップ】

俺:「ということは、水量の多い初夏に来るべきだったか…」
妻:「でも、増水したキケンな激流に、わざわざ行くことはないわ」
子供たち:「「だよね」」

ですよね。

娘:「いわゆる痛し痒しだね」
子:「ジレンマとも言うねえ」
妻:「沢滝の宿命かしら……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/313-75ad0b2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示