FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

イフの話

以前、次男君と「新潟県内の巨瀑」について語り合ったことがあります。

たいていの巨瀑は、わたくし如きでは到底訪瀑不可能な、秘境の彼方にあるのですが、
その中で唯一の例外と言ってよいのが、「ヨシオ滝」でした。

俺:「そういうワケで、行ってくる」
娘:「お父さん、頑張ってね!」
俺:「まかせろ」
子:「最高傑作の写真と映像を頼む!」
俺:「フ。当然」

ヨシオ滝_その1
ヨシオ滝(落差100m)・概観】  (新潟県糸魚川市小滝 『小滝川』

車止めのゲートを超えて、延々と林道を歩くこと、約2時間。
遂にたどり着いた「ヨシオ滝」は、
しかし、想像していたのと、ちょっと違っていました。

妻:「複雑な流れの滝ね」
兄:「変化に富んでると言えばいいのか?」
俺:「小滝川本流の浸食速度についていけない支流が、そのまま取り残され感じだからな」
娘:「急な沢なんだけど、急過ぎて、滝になってるワケだ」
子:「まさにソレ!」

ヨシオ滝_その2
【ヨシオ滝・最上部アップ】

子:「やっぱり、最上段の直瀑がスゲーな!」
兄:「ここがクライマックスだろ。後はイラネ」
娘:「そんなことない……こともない……ことも」
子:「どっちなんだよ」
妻:「こう、もうちょっと全景が見えるといいのにね」
兄:「ああ、木がジャマだわ~」

まあ、晩秋の落葉後に来てもよかったのですがね。
でも、きっと水量が減ってると思うよ?

子:「だな」
娘:「だね」

ヨシオ滝_その3
【ヨシオ滝・最下段部アップ】

俺:「そういうワケで、最高の写真と映像にはならなかったわ。すまない」

こう、
終ぞ、満足できるモノが撮れませんでした。

子:「滝姿自体、映えないタイプの複合瀑布だからねえ。仕方ないじゃん」
兄:「落差が100mもあれば、たいがいその間に、いろいろドラマがあるしな」
娘:「そうだよね。急流になったり、釜になったり、S字になったり、滑ったり」
兄:「だろ?」

確かに、華厳の滝みたく、「100mを素直に直瀑」ってのは、稀少な存在なのでしょう。

子:「だよねえ」
妻:「もし、ヨシオ滝が、100mの直瀑だったら?」


間。


娘:「間違いなく、日本三名瀑入り!」
兄:「百選の滝に選ばれただろ」
俺:「大人気の観光地になってるかな」
子:「でもさ……」

なんだよ?

子:「イフの話って、虚しいよね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 1 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/311-757cdc57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/09/20 09:20)

糸魚川市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント
2014/09/20 09:20
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示