FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

俺:「うむ、まさしくだな」

今井糸滝_その1
今井糸滝(落差50m)・概観】  (新潟県糸魚川市大谷内 『虫川渓谷』

今井キャンプ場のテント・サイトから見上げて、虫川右岸の側壁に懸かっているのが、
この「今井糸滝」
今井不動滝から100mほど下流です。

こう、各地の滝を訪問していると、よく出会う滝名があります。
わたくしの体感ですが、とくに「不動」の滝名は、全国で見かけます。
日本の名字で多いと言われている、いわゆる「佐藤さん」「鈴木さん」に当たるでしょうか。

他にも「大滝」とか「白糸」とかは、割と多いのではないかと思われます。

子:「うん、糸滝ってのは、白糸の滝の変化形だよね」
妻:「そうかもね」
娘:「そう言えば、天滝渓谷にも糸滝ってあったね」
子:「よく覚えてんじゃん」
妻:「あと、絹糸の滝とか白滝とかも、白糸の滝の変化形かしら」
娘:「あるある!」

キーワードは、「糸」「白」ってとこでしょうか。

今井糸滝_その2
【今井糸滝・上部アップ】

俺:「実際に滝を見上げてみると、この上部の斜瀑が、糸滝のハイライトなんだよな」
娘:「へえ」
子:「なんで?」

こればっかりは、説明のしようがありません。
「実際に、現地に行って見てみろよ」としか。

妻:「そういうの、映像では、なかなか伝わらないのよね」

今井糸滝_その3
【今井糸滝・下部アップ】

俺:「あえて言葉にしてみるとだな…」
子供たち:「うん」
俺:「糸滝の上部って、遠望だと、凄く続きが気になるんだ」
娘:「続き???」
俺:「そ。木々に隠れて見えない滝の下部がどうなっているのか、無性に知りたくなるんだよ」
子:「ナルホド」
俺:「ところが、実際に、滝下部に近づいてみると、期待したほど、何かがあるワケじゃないんだな」
子供たち:「フム」
俺:「のような流身は、遠景では美しく、近景ではショボくなる」
子供たち:「う~む」
俺:「そうして知るワケだ。『おお、糸滝って、上部こそがハイライトだった!』ってね」


間。


妻:「よく分かったような、分からないような……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/310-a6d8d76c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示