FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ベターショット

さて、今回、岡山県の滝を訪問するにあたり、
事前に、予定瀑布の選定をしました。

子&俺:「これ、絶対行かなきゃダメだろ!」

その際、次男君とわたくしの意見がピタリ一致した滝が、幾つかあります。

妻:「それが、この滝ね」
子:「そ。至孝滝!」

いつもの滝本を広げながら、
わたくしの訪瀑計画を、一緒に考えてくれる家族たち。

妻:「これはキレイな一条瀑だわ」
兄:「美瀑だな」
娘:「緑にあふれてるし」
子:「フフフ!」

ところが!

至孝滝_その1
至孝滝(落差25m)・全景】  (岡山県真庭市山久世 『至孝川』

俺:「あるれぇ~?」

そう!
実際に至孝滝に行ってみたら、
これが、思ったほどには直瀑じゃないのです。

子:「いや、直瀑だろ!
娘:「でも、なんか、滝の上部が微妙に斜瀑だよ?」
兄:「ありていに言うと、上部が渓流瀑で、下部が直瀑」
妻:「それは言い過ぎでしょう」
兄:「渓流瀑じゃないにしても、斜めなのは事実」
子:「うむむ」

滝本の写真と、わたくしの映像を比べながら、家族で喧々諤々。

兄:「ま、少なくとも、この写真の滝と、滝本の滝とは、まったくの別物だな」
俺:「……」
子:(越えられないプロの壁……)

それは言わない約束だろ!

兄:「でさ、おやじの撮ってきた映像は、これで全部なん?」
俺:「ほい」

至孝滝_その3
【至孝滝・滝壺アップ】

娘:「あははは、滝壺だ!」
兄:「……」

実際の撮影条件を考えてみると、
いつもの滝本では、盛夏の、晴天時の午後にシャッターを切っているのに対し、
わたくしはのそれは、梅雨明け直前の、曇天時の早朝です。

娘:「そっか。水量も、お父さんの方が少ないしね」
子:「だな」
妻:「条件が違えば、見栄えも、こんなに変わるワケね」

至孝滝_その2
【至孝滝・上部アップ】

ところで、至孝滝への道程ですが、
渓流沿いにある観瀑道と言うか、山道と言うか、参道と言うべきか、表現に迷いますが、
結構草に覆われた道を、30分ほど歩いていきます。

妻:「参道?」
俺:「滝の下流右岸テラスに、密乗寺の奥の院があるからな」
子:「ほほう。信仰の滝とな」

草が雨滴で濡れていたので、沢靴で行って正解でした。

兄:「では、俺様が、今回の結論をまとめてみる」
妻:「どうぞ」
兄:「滝本の写真はベストショット。おやじのはベターショットってね」
娘:「そっか!」
妻:「なるほどね」

おお?
ベターショットだなんて、
なんだかわたくし、若干持ち上げられてます?

子:「じゃ、僕もまとめてみる」
妻:「どうぞ」

子:「それでも至孝滝は美しい」

俺:「うむ……」
兄:「確かに」
妻:「そうね」
娘:「そうじゃんね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 1 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/302-0db4eb13
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/07/26 08:56)

真庭市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント
2014/07/26 08:56
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示