FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

雰囲気

80m級の百選滝とあって、轟の滝への「事前の期待」の大きかったこと!
だからこそ、
「目の前の現実」に拍子抜けした時との落差には、大きなものがありました。

俺:「観瀑道でも、道路工事してたしなあ」
娘:「工事だらけだったんだ」
子:「災害復旧中なのかな……」
俺:「たぶんね」

そんなこんなで、
轟の滝から、当日の車内泊予定地である、
とある道の駅に向かおうとしていた時のこと。

俺:「ん?大荒の滝だとう?」

ふと目に留まる立派な看板。

俺:「だいぶ日も傾いてきたしな~、どうしよっかな~」

滝好きのサガでしょうか。
口にした言葉とは裏腹に、
即行で大荒の滝に向かってハンドルを切っていました。

大荒の滝_その3
大荒の滝(落差20m)・全景】  (高知県香美市香北町東山 『久保川渓谷』

娘:「ふああ、キレイな直瀑!」
妻:「これのどこが大荒れなのかしら?」
子:「フム」
俺:「まず、観瀑道が大荒れだったな」

そもそも、大荒の滝が懸かる久保川渓谷自体が、
比較的脆い岩層で出来ているのではないかと思われます。
地元の方々が丹精をこめて整備しているだろう観瀑道も、大雨の度に、どこかが崩れ壊れして、
自然の崩壊力に、人力が追い付いていっていない雰囲気。

俺:「次に、崩落した岩石群が沢床に散乱したまま、なかなか流されずに残っているっぽい」

普通は、土石流で沢がドロドロに埋まっても、
細かな礫から水に流されていき、いずれは美しい渓相を取り戻すものです。

子:「自己再生能力ってヤツか」

ところが、久保川渓谷では、その自己再生力も、
崩壊力に追いついていけてない雰囲気なのです。

俺:「そのあたりが、大荒れって印象になるんだろう」

大荒の滝_その2
【大荒の滝・滝壺アップ】

妻:「それにしても、良い滝ね」
娘:「ねね、だよね!」
子:「おやじの撮影場所が滝に近いのも、好印象だ」

こうしてみると、
大荒の滝は、轟の滝のようなスケール感こそありませんが、
確かに、美瀑に相応しい佇まいですな。

俺:「沢の荒れた雰囲気を補って、なお余りある
子:「フムフム」
俺:「さらに、訪瀑予定のない滝だったから、滝前での感動はひとしお」
子:「ほほう!」
妻:「事前の期待が無い分、余計にね」

娘:「まさに、人間到る処 青山有りだね!」

子:(は?)
妻:(は?)
俺:(は?)

あの~、お嬢さん、
今、どういう意味合いで使いましたでしょうか?


間。


娘:「…雰囲気で使いましたゴメンナサイ」




人気ブログランキングへ
子:「ちなみにソレ、『人が活躍できる場所はどこにでもある』って意味な」
娘:「ぶう」

↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/300-53725724
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示