FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ロマン

俺:「こ、これは……」

眼下に大釜の滝が見えた時、わたくしは、言葉を失ってしまいました。

大釜の滝_その2
大釜の滝(落差20m)・全景】  (徳島県那賀郡那賀町沢谷 『釜ケ谷川』

さほど落差があるワケではないものの、形のキレイな直瀑と、
深い碧色をした大きな釜。

娘:「なんか深そうだ……」

ビデオで見ても、充分に、滝壺の底知れぬ感じが伝わってきます。

娘:「凄みがある釜だね……」
子:「コレ、滝の流身より、むしろ釜が主役じゃん?」
妻:「大釜の名は、伊達じゃないわ」

大釜の滝_その1
【大釜の滝・遠景】

俺:「おまえら、大釜の下流、向かって右を見てみろ」
娘:「流木が引っ掛かってるよ」
子:「大水の際は、あそこまで渦を巻くということかっ!」

そうなのです。
どうみても、水流で磨かれたとしか思えない流木が、
濁流に巻き込まれたとしか考えられない位置に引っ掛かってる。

妻:「四国は台風のメッカだし、大雨の際は、信じられないような激流になるのね」
子:「釜も、磨かれて深くなるワケだ」
俺:「大明神滝じゃないけど、この下流側の釜もどきが、昔の滝壺だったのかもな」
子:「うお、その可能性は高いな!」
娘:「ねね、どれくらい昔のコトかな~」

う~ん、どれくらいの歳月を重ねれば、旧釜から新釜に変遷し、
さらに現在の釜が、ここまで深く抉られるようになるのだろうか……。

想像もつきません。

子:「大自然のロマン
俺:「まさしくロマンだ」
娘:「緑が美しいし」
子:「出色の百選滝だぜ、コレ!」

大釜の滝_その3
【大釜の滝・滝壺アップ】

娘:「この映像でも、既に、充分な水量があるよ?」
子:「普段からコレかと思うと、感慨深いじゃん」
妻:「四国は自然が豊かなのね」

すると突然、勉強の手を止めた長男君が語り掛けてきました。

兄:「ロマンの滝にして、滝のロマン」
子&俺:「「はい?」」
兄:「つまり、古典派でもなく、合理派でもない」
娘&妻:「「はあ…」」
兄:「大釜の滝は、ロマン派だな」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/293-97f07faa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示