FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

二重奏

娘:「真ん中の岩がビミョ~」
妻:「せっかくの滝が、左右に分断されて、サイズダウンしてる感じ」
俺:「おかげで、落差が15mもある滝には見えんかったのよ」

二重滝_その1
二重滝(落差15m)・概観】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

轟九十九滝の一つである「二重滝」は、幅広な夫婦タイプの滝。
なので、一条瀑のように、
瀑水が落口の一点に集約されてドドーッと噴き出すみたいな、スペクタクル感が余りありません。

子:「でも、滝見ってさ、弱点じゃなくて、長所を見つけ出して、それを楽しむ方がお徳だろ」
俺:「ほう」
妻:「言えてるわね」
娘:「じゃ、この滝なら、幅広なスケール感に注目したらいいの?」
俺:「え? 幅なの?」

むしろ、わたくしの目には、
中央の屹立した巨岩こそ、二重滝主役に見えますが……。

妻:「岩を楽しむって……意味ないわね」
子:「やはり、滝の存在意義は、落差に収斂されるということか……」
娘:「その極論は、あんただけじゃ!」

二重滝_その2
【二重滝・左岸瀑】

俺:「でも、滝のひとつひとつは、味があっていいんだよ」
娘:「そうかな」
妻:「そうかもね」

そう!
ここは、二つの滝が、二重奏を奏でていると思ったらどうだろう?

娘:「あっ、ハーモニー!それいいかも!」
子:「自然の調和力か! 目の付けどころがスルドイな、おやじ!」

だから、オヤジ言うなや。

二重滝_その3
【二重滝・右岸瀑】

そして、二重滝のすぐ下には、轟九十九滝本滝が懸かっています。

俺:「であるならば、二重滝轟本滝もまた、ひとつのハーモニーだとは思わないか?」
子:「おう! いよいよ轟本滝だな!」
娘:「ねね、お父さん、映像を早く!」




人気ブログランキングへ
次回クライマックス!
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/291-51dc11a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示