FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

可能性

俺:「轟九十九滝は、丸渕滝のあたりに、滝が集中しているんだよ」

そう、
上流から順に、鳥返し滝丸渕滝船滝横見滝と、四つの滝が続きます。

娘:「それって、お手軽ってこと?」
俺:「どうだろ。まあ、カメラマンは多かった」
子:「いわゆる連瀑帯か……フム」

丸渕滝_その1
丸渕滝(落差15m)・概観】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷』(かれいたに)

ここ「丸渕滝」でも、
鳥返し滝と同じく、幾人かのカメラマンの方々と、ご一緒させて頂きました。

俺:「結構な山奥なのに、写真撮影待ちの行列だぜ?」
娘:「いったい何人いたの?」
俺:「二人だったか……」
子:「行列って言わんだろ!」

前の方の撮影が終わるまで、水分を補給しながら、休憩を取るわたくし。

丸渕滝_その2
【丸渕滝・落口付近】

娘:「ねね、滝がたくさんあると、いろいろ比較できて楽しいね」
子:「それそれ! 我が家の轟九十九滝番付とか、作ってみるか?」
娘:「いいねいいね!」
妻:「ちなみに、あなたは、どの滝が一番だったの?」
俺:「あ~」

スミマセン。
実は、全ての滝を観瀑できたワケではないのです。

子:「なんだとう?」
俺:「いやいや、丸渕滝すぐ下の船滝なんだけど!」
子:「おう」
俺:「ゴルジュの中に懸かっていてね…」
子:「お…」
俺:「対岸に渡らないと、全景が見渡せないんだよ」

残念ながら、当日のわたくしは、ハーネスやロープの類を持ってきていなかったため、
リスクを冒して対岸の岩場を登攀し、船滝を見るようなことはしませんでした。

しかも、この船滝、まさしく、すぐ丸渕滝の下流に続いているため、
わたくしの眼には、一つの滝の、上段部と下段部に見えます。

娘:「丸渕滝が上段部で、船滝が下段部ってこと?」
俺:「そう。ひょっとしたら、この丸渕・船滝の全景こそ、王餘魚谷のハイライトかも知れんのだ」
子:「ほう!」
娘:「そんなに迫力あったんだ?」
俺:「凄かった。いかにも秘滝って感じだぞ」
子:「そうなのか……」

ムムムと唸る次男君。

子:「その全景っての、ぜひ、観てみたいなあ!」




人気ブログランキングへ
まあ、いずれ、未来のどこかでね…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/289-71db06bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示