FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

まさに聖地

ついに、四国に、念願の第一歩を記すことができました。

俺:「じゃーん!」

四国最初の観瀑地は、徳島県の王餘魚谷(かれいたに)
日本の滝百選にも選ばれている「轟九十九滝」が懸かる、信仰深き聖地

鍋割滝_その1
鍋割滝(落差15m)・全景】  (徳島県海部郡海陽町平井 『王餘魚谷(かれいたに)

俺:「おまえら、四国の滝見のメリットは何だと思う?」
娘:「え?何だろ~」
子:「おやじがそういう質問をするってことは、何か特殊な条件があるんだろ?」
俺:「スルドイ!」

そう!

俺:「まず、熊がいないので、熊鈴がいらないのである!」
子:「おお」
娘:「へえ」

最後に熊が目撃されてから、もう何十年にもなるらしく、
四国では、熊は、絶滅したとされています。

俺:「だから、何も知らずに、チリンチリン鈴を鳴らして歩いていると、かなり恥ずかしいのだ」
娘:「わ!お父さん、鈴着けて歩いたんだ!」

やかましいわ!

俺:「つぎに、ヤマビルがいないのである!」
子:「なんと!」
娘:「それはイイ!すっごくイイ!四国って、何気にポイント高いじゃん!」

まさに四国は、熊やヤマビルに怯えることもなく、
早朝から清々しい観瀑を楽しめる、滝の楽園なのです。

子:「それ、むしろ聖地じゃね?」

鍋割滝_その2
【鍋割滝・薄く虹】

この「鍋割滝」は、轟九十九滝の最上流に懸かる滝で、王餘魚谷の奥の宮にあたります。
右岸側の天然の岩屋に鍋割神社があって、「鍋割滝」は、さながらその御神体。

子:「滝、落差はないけど、キレイだねえ」
俺:「最奥の神域に相応しい、滝の佇まいだった」
娘:「霊験あらかた?」
俺:「そうだな。もともと四国全体が、弘法大師の拓かれた聖地だし」
妻:「いわゆる四国八十八ヶ所ね」

この王餘魚谷、
山奥にもかかわらず、環境保全のために、結構、人の手が入っていました。

俺:「もうね、谷全体が、地元の信仰を集めている感じだな」
娘:「信仰が何重にも重なってるワケだ~」

感心する子どもたち。

子:「むう。まさに聖地……




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 1 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/287-a8f37aff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/05/03 09:03)

海部郡海陽町エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント
2014/05/03 09:03
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示