FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

不思議な名

娘:「不思議な名前の滝じゃん」

そう!
その名も「禍誤除けの滝」(かごよけの滝)

禍誤除けの滝_その1
禍誤除けの滝(落差30m)・全景】  (長野県下伊那郡喬木村 『矢筈洞』

滝見遊歩道の入口看板には、

禍誤除けの滝は、かつて加護受けの滝と呼ばれていた頃がありましたが、

昔からこの滝に向かって禍が起こらないように祈って、参道を行き来したという由来に基づいて

平成18年に「禍誤除けの滝」と改められました。

とありました。

娘:「ふ~ん」
子:「まるで、守護精霊みたい?」
兄:「それを言うなら、守護神じゃね?」
娘:「つまり、お守りみたいな感じ?」
妻:「う~ん。どれも、微妙にズレてる感じね」

現在の禍誤除けの滝は、その不思議な名前とは裏腹に、
付近に石仏や祠などもなく、
かつて信仰の対象だったころの名残は残っていませんでした。

禍誤除けの滝_その2
【禍誤除けの滝・落口アップ】

俺:「滝前は、結構、明るく開けていたし…」
娘:「うん」
俺:「少なくとも、深遠なる神秘を感じるような滝ではなかったな」
子:「へえ」
兄:「で、結局、どんな滝なわけ?」
俺:「そうやな…」


間。


俺:「爽やかって感じかなあ…」
娘:「いいじゃん!」
妻:「それはぜひ、夏に行きたいわね!」

禍誤除けの滝_その3
【禍誤除けの滝・下部アップ】

わたくしの個人的な感想として、
南信州には、全般に、癒し系の、ゆるやかな時間が流れている印象があります。

この禍誤除けの滝は、
そんな南信州独特の癒しと、
滝本来の爽快さがミックスされている感じでしょうか。

子:「ほほう!」
娘:「つまり、名瀑って言いたいんだね」
俺:「そうです」
兄:「ふむふむ」

この感じ、
禍誤除けという、信仰深い滝名からは、ちょっと連想できないかも知れません。

兄:「オレ、俄然、行ってみたくなったんですけど!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/285-27f8ef57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示