FC2ブログ
12«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»02

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

狂気のニコニコ

娘:「ニコニコ滝って、変な名前」
妻:「なんだか、お笑い系っぽいわね」
兄:「関西だからじゃね?」

うんうん、わかります。

実は、わたくしも、初めてこの滝の名を聞いた時、
「やっぱ関西やな~。滝名まで、笑いを取りに来るのか」
とか、思っていました。

娘:「え?違うの?」

そう!
本当の滝名の由来は、もっとシリアス。

俺:「なんでも、昔、滝壺に落ちた人が、あまりの水勢に、這い上がることができなかったんだと」
子:「げ…」
俺:「で、その人は、とうとう気が触れてしまった」
娘:「げげ…」
俺:「そして、ニコニコ笑いながら死んでいったそうだ」


沈黙。


娘:「何それ怖い」
兄:「狂気を感じるし!」
子:「滝のイメージが、一気に悲惨化!」

ニコニコ滝群F1_その1
ニコニコ滝群F1(落差50m)・概観】  (三重県多気郡大台町大杉 『大杉谷』

さて、千尋滝を出発すると、割とスグに「ニコニコ滝群F1」に着きます。
巷間では、眼前に懸かるこの滝だけを、ニコニコ滝と呼ぶことが多いようです。

俺:「いわゆる通称ってヤツな」

しかし、正式には、全部で落差100mの七段の連瀑の総称が、ニコニコ滝らしい。
しかも、その七つの滝は、それぞれ離れて懸かっているため、
「滝群」と呼ぶのが、もっとも相応しいようなのです。

子:「だから、その最初の滝ってことで、ニコニコ滝群F1
俺:「そうなのよ」

ニコニコ滝群F1_その2
【ニコニコ滝群F1・中段部アップ】

そして、大杉谷の渓谷道は、ココからが本番。

俺:「このニコニコ滝群F1が見える獅子ヶ淵までは、比較的フラットで、高低差が無いんだよ」
子:「うん」
俺:「ところが、ニコニコ滝から、急激なアップダウンが始まるんだ」
娘:「お父さん、アップダウンが苦手だもんね」

実は、このニコニコ滝群F1の全景を、
正面から、樹木に邪魔されずに眺められる絶好の撮影ポイントがあります。

ところが、そのポイントは、急峻な坂となっている渓谷道のど真ん中にあるため、
極めて身の危険を感じます。

わたくし、そこでの撮影を、泣く泣く諦めたのでした。

俺:「もうね、俺の技量では、観瀑台からの撮影で精一杯だったわ」

ニコニコ滝群F1_その3
【ニコニコ滝群F1・下段部アップ】

娘:「キレイな滝だよね~」
妻:「しかも、スケールがケタ違いね」
子:「この滝も、百選級!」
娘:「ねね、大杉谷って、すっごい贅沢な渓谷だよね」
兄:「でも、ひとつ残念なことがある」

なんだい?

兄:「狂気のニコニコ


沈黙。


娘:「ほんと、聞かなきゃよかった……」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/281-e13fb6a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示