FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

やっちゃるわ!

子:「ええーっ!」

驚愕の声を上げる次男君。

子:「白雲の滝って、こんな複雑な複合瀑布だったのか!」

白雲の滝_その1
白雲の滝(落差42m)・遠望】  (栃木県日光市中宮祠 『華厳渓谷』

そうなのです。

以前に訪瀑した時は、樹木の隙間から見える直瀑と、右俣・左岸側から流れ込む本流の斜瀑が、正味の白雲の滝だと思っていました。

子:「いやいや、それ、全然違ってたし!」

ところが、冬のメリットが最大限に活かされた、この白雲の滝の全景を見ると、

【白雲の滝・構成要素】

その1.右俣本流の上部斜瀑
その2.右俣本流の直瀑
その3.左俣支流の直瀑 (←前回の訪瀑時に、話題に上ったのがコレ)
その4.右俣本流と左俣が合流したあとの斜瀑
その5.合流後の本流に、右岸から流れ込む枝滝


全部で五つのパーツから成る巨大複合瀑布であることが分かったのです。

子:「落差だって、どう見ても、公称の42m以上はあるだろ、これ!」
妻:「映像だと、華厳の滝と同じくらいの規模はありそう」
俺:「華厳の滝の方が奥だし、その分だけ、白雲の滝が大きく見えるってのはないかい?」
妻:「え?これ、そんなに離れてるの?」
娘:「ねね、地図上だと、どれくらの距離カナ?」
俺:「ウム」

早速、定規を地形図にあてがうわたくし。

俺:「げげげ! 直線距離にして200m未満しか離れてなかった……」
娘:「ということは、やっぱりコレ、華厳の滝級の大瀑布?」
子:「これまでの白雲の滝の常識が覆る!」

いやいや、なんてこと!
これは興奮しますな!

妻:「あなた、比較映像を作ってみたらどうかしら?」
子&娘:「「あ、それいいかも!」」

おお!
めずらしく、妻までノリノリじゃん。

ここまで期待されて、黙ってはおれないわたくし。

俺:「よおし。やっちゃるわ!

        

白雲の滝_その2
【画像をクリックすると、Youtubeへジャンプします】




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/278-546359a1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示