FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

つまり

日本の滝百選に選定されている『霧降の滝』

華厳の滝と同じく、日光近辺の観光名所ではありますが、
標高が低いため、紅葉姿も雪景色も、
中禅寺湖よりも、ワン・テンポ遅れて、そのピークを迎えます。

娘:「つまり、何が言いたいワケ?」

つまり!

キレイな雪景色が、撮影できませんでした。
ゴメンナサイ……

霧降の滝_その1
霧降の滝(落差80m)・全景】  (栃木県日光市瀬尾 『霧降川』

しのつく雨。

俺:「中禅寺湖畔の大雪とは何だったのか…」

雨のため、観瀑道はちょっとした川になっており、雪の欠片もありません。
激しい横風のため、雨が容赦なく顔にかかります。
カメラが濡れないよう、必死になって、傘を深くさすわたくし。

俺:「傘が役に立たねえ!」

そして、湯滝や、竜頭の滝では大活躍した防寒具も、
霧降の滝では、雨ですっかり重たくなっています。

俺:「ムレムレのサウナで、こっちも、役に立たねえわ!」

唯一の救いは、
前回の訪瀑時では、山のようにいた観瀑客が、殆どいないことでしょうか。

霧降の滝_その2
【霧降の滝・上段部アップ】

子:「激しい雨なのに、川の水が濁っていないね」
娘:「ホントだ。これは雪のせい?」

まさに、その通りでしょう。

湯滝(山・上流域)でも、
ここ、霧降の滝(麓・下流域)でも、
降っている「水の量」は、ほぼ同じだろうと思われます。

子:「つまり、山で降った分は、雪のままで、スグに川には流れ込まないってね!」
兄:「だから、川の水も急激には増えないし」
俺:「固形か、液体かの違いな」
娘:「なにそれ、燃料みたいな言い方」
兄:「言いたいことは伝わるから、別にいいんじゃね?」
娘:「はあ?いつもいつも日本語は正しく使えって言ってる張本人が、何言ってんの」
子:「じゃあ、お前が正しく言い換えて差し上げろよ」
娘:「え~とね!」


沈黙。


娘:「え~と……」

霧降の滝_その3
【霧降の滝・下段部アップ】

冬季観瀑の利点は、
何といっても、樹木に邪魔されずに、滝の全景を眺められるところでしょうか。

妻:「滝の上段部なんか、良い例でしょ」
俺:「そうね」

『草木に視界を遮られない』
まさに冬のメリットは、ここに尽きますな。

兄:「で、正しい日本語の話は、どうなったし?」

で、急に、話題をもとに戻す長男君。

娘:「むむむ~」
子:「ホレホレ」

で、
さらに煽る次男君。

麗しき兄弟愛ですな。

娘:「それは、つまり……」
子&兄:「「つまり?」」
娘:「雨と雪」


間。


兄:「うはあ、正しい! むっちゃ正しいわ!!」
子:「なんという、そのまんま!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/277-076c2e57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示