FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

冬の厳しさ

娘:「猿だ!」

そうなのです。

以前に華厳の滝を訪れたときに観瀑したテラスへ行こうとしたら、
子猿を引き連れた、五匹ほどの猿の群れに遭遇してしまったのです。

猿@華厳_その1
【日光の猿(群れのボス)

妻:「また、随分と凄んでるわね」
娘:「怖い…」

映像越しに、
すぐ近くで、駐車場の整備員さんが、ゴミ箱の清掃をしている音が聞こえています。
なのに、いっこうに怯む様子のない猿たち。

あの~、そこをどいてくれないと、
わたくし、観瀑テラスに行けないんですけど。

子:「こいつら、ゴミのおこぼれに与ろうとしてるんだ」
兄:「で、ボスが、群れを護るために盾になってんじゃね?」

この猿たち、
観瀑テラスへ続く階段の欄干上に、ずーっと陣取ったまま。
テコでも動く気配がありません。

俺:「あっはっは。ボス猿と戦って勝てる気がしないし」
娘:「あたり前」

泣く泣く高い料金を支払って、エレベーターで下り、
下の有料観瀑テラスで華厳の滝を見ることにしたのでした。

俺:「お陰さまで、昼飯代が消えたわ!」

涅槃の滝_その1
涅槃の滝(落差20m)・鳥瞰】  (栃木県日光市中宮祠 『華厳渓谷』

この「涅槃の滝」
前回の訪瀑では見ることのできなかった滝です。

俺:「下の観瀑テラスで、上から覗き込むしか、方法がないからな」
子:「それでも、初観瀑なんだから、これはこれで良かったじゃん」
娘:「でも、上からじゃ、迫力に欠けるね」
子:「しゃーないって。滝前なんてムリ。昔は、遊歩道があって、行けたらしいんだけど」
娘:「へえ。今は?」
子:「頻繁な落石のせいで、通行止めだって」

「涅槃の滝」は、華厳の滝の170mほど下流にあって、前衛滝の様相を呈しています。
滝の周りは、ガッツリと柱状節理の岩壁に囲まれていて、
冬の厳しい天候のもと、その荒々しさが一層際立っている…。

妻:「日光の冬の厳しさって、生半可じゃないでしょ?」
俺:「そうね」
兄:「猿にすりゃ、人里の方が、餌を確保しやすいってか」

厳しいとは言っても、わたくしが行った時期は、まだ冬の初め。
厳冬期になったら、
それこそ、わたくしでは、近づけないのではないでしょうか。

俺:「ブリザードなんかになったら、余裕で遭難する自信があるわ」
娘:「はあ?地元に暮らしてる人はなに?」
俺:「吹雪は怖いぞ。勘弁してくれ」
子:「じゃ、お前が行けばいいだろ」
娘:「ふん。のぞむところ!」
兄:「猿に会いたくて、仕方がないよ~ってか?」
娘:「なにそれ?」
兄:「照れるなよ。仲間だろ」

ドスッ!

娘:「あっ!」
子:「あ…」
兄:「あ…」
妻:「あ…」

な、な、な……

娘:「ごご、ご、ごめんなさい!」

わたくしのお腹にめり込む
娘のこぶし。

俺:「なんで……俺が……」




人気ブログランキングへ
娘、カラテを習い始めました…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/271-d5a32230
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示