FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

体感

当初、根尾の滝観瀑は、険しい道程のために、結構、手こずるのではないかと思っていました。

ネットで情報を検索してみて、だいたい共通して出てくるのが、
登ったり降りたりの急斜面と、片道1時間以上かかる観瀑路。

俺:「ところがだ。実際に行ってみたら、思ったほどキツくなかったんだよ」

間。

子:「そりゃあ」
娘:「お父さん」
兄:「滝怪獣だし!」

やかましいわ!

根尾の滝_その4
根尾の滝(落差63m)・全景】  (岐阜県下呂市小坂町落合 『濁河渓谷』

ところで、
根尾の滝の公称落差は63mですが、世間一般には、40m程度だろうと言われています。

兄:「いやいや、これ、40m以上は、余裕であるだろ!」
子:「うん、あるよ、コレ!」

それに真っ向から対立する子供たち。

どういうことかというと、
以前に行ったことのある秋田県の泊滝の落差が、確か20m。

その泊滝と、根尾の滝を映像で見比べいるのですが、
この根尾の滝、どう贔屓目に見ても、泊滝の倍以上あります。

兄:「だろ!」
娘:「きっと、両方とも、サバ読んでるんじゃない?」
妻:「そうかもよ。ほら、滝好きって、落差を高めに見積もる傾向があるじゃない?」

みんな:「「!」」

兄:「あるわ~それ」
子:「ボク、思いっきし思い当たる」
娘:「だって、苦労して行ったらショボ滝だった!って、許せないじゃんね」
兄:「あ~、それ分かるぅ~!」
子:「やっぱ、自分の苦労に見合う成果が欲しくなるし!」

ウム、落差を高めに見積もる傾向ってのは、確かに、あるかも知れません

が…

俺:「結局、お前ら的に、根尾の滝は何メートルになるのよ?」
娘&兄:「「はい?」」
子:「あ~……」

根尾の滝_その2
【根尾の滝・落口】

深まりゆく秋の気配に、吐く息が白くなる渓谷の空気。
紅葉のピークから少し外れているからか、観瀑客は、わたくしただ一人。

俺:「ウハハハ!この贅沢な景色を独占!」

ただ、渓谷の水はすっかり冷え切っていて、
ネオプレンソックスを履いていても、完全に水ボチャするのは躊躇われます。

なので、当初予定していた滝壺見学は取りやめ。

娘:「うわあ、もったいない」
俺:「風邪ひきたくなかったんだもん!」

代わりに、薄暗い渓谷を、写真やらビデオやら、あらゆる角度から撮影してきました。

俺:「なんだか、映像を撮り過ぎちまったよ」

もともと、わたくしのポリシーは、写真も映像も、必要最小限あればOK。
まあ、写真技術を向上させるなら、もっと貪欲になった方がよいのでしょう。
しかしそれは、わたくしにとっては、滝を満喫するという、観瀑の一手段にしか過ぎないワケです。

子:「ま、それだけ根尾の滝が美しかったということで」

根尾の滝_その3
【根尾の滝・遠景】

子:「やっぱ、その人の体感によって、滝って、いろいろと変わるんだと思うよ」

体感ねえ…

娘:「どゆこと?」
子:「ほら、お父さんだから、滝までの道が簡単に感じられた」
娘:「あ~」
子:「ボクら、泊滝を知ってるから、根尾の滝がでかく感じられる」
娘:「そだね」
兄:「人が変われば、また違った感想になるだろうし」
娘:「うん」
子:「つまり!」

子:「根尾の滝は、ボクらの体感を揺さぶらずにはいられない名瀑ってことだ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/262-e598aebb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示