FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

哲学の道


子:「ボク、将来、滝屋になろうかなあ」
俺:「はい?」

本日の最終目的地、石空(いしうとろ)渓谷を歩きだした時のこと。
次男君、藪から棒に何を言い出すのかと思ったら…

子:「お父さん、どう思う?」

結構な真剣モードで聞いてくるではありませんか。迂闊には、はぐらかせない感じです。

俺:「そうだな。俺だったら、だけに一生を捧げることはしないと思うな」

ここは、あえて、ストレートの剛速球を投げ返してみる…

子:「へえ、なんで?」
俺:「神様の神秘をもっと知りたいと思うのは、人間の本能だろう?」
子:「そうなの?」
俺:「心の神秘を探るのが、宗教家や思想家だな。で、この世の神秘を探るのが、滝屋や沢屋を始めとする探検家たちだろう」

歩みを止める次男君。


【魚止の滝、初見の滝・遠景】
  (山梨県北杜市武川町黒澤 『石空渓谷』

俺:「この世の人生は、人のお役に立ってこそナンボだと、俺は思ってる」
子:「うん」
俺:「君は、俺に、一流の滝屋や沢屋になれるような才能があると思う?」
子:「…」
俺:「そんなんで、人々を感動させる探検家になれるだろうか?」
子:「ムリ!」

息子よ…
そこは、すこしためらってから否定してほしい…

俺:「俺の強みは、探検家では生かされないと思う。だから、滝屋や沢屋にはならない。そういうことじゃないかな」


魚止の滝(一の滝)(落差5m)・遊歩道から】


う~む。次男君、考え込んでしまって、さっきから魚止の滝前で立ち止ったまま、ちっとも動きません。

きっと、病床で、色々考えるコトがあったんだろうなあ。
でも、こんなとこで立ち止ったまんまだと、とっても寒いんですけど。

俺:「とりあえず、先に進もうや」
子:「…うん」


初見の滝(二の滝)(落差16m)・全景】


黙ったまま、歩きだす次男君。

おお! 石空渓谷が、「哲学の道」と化している!





人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/26-fdba31f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示