FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

弱点発見!

須川峠に向かう道路の途中に、「安塚の不動滝」の駐車場があります。
車を降りると、直ぐ目の前に遊歩道の入口。
観瀑ポイントへ向かう道は、即行で急斜面となり、所によってはロープまで張ってある。

俺:「あれれ。もっとラクチンなイメージだったけど、これは、結構な難滝?」

さらに、濃厚に漂う獣の気配…
というか、クマの気配。

ちょっと向こう側を、何かがガサガサと移動してゆく音が聞こえています。
あれはきっと、熊鈴の音を聞きつけて、わたくしから距離を置こうとするクマがいるに違いありません。

俺:「生き物の影が濃い…」

知らず知らず口数の減るわたくし。

安塚不動滝_その1
安塚の不動滝(落差30m)・全景】  (新潟県上越市安塚区須川)

俺:「ところが、谷底に降りてみると、意外となだらかで、意表を突かれたね」

新潟は、豪雪によって抉られた急峻な地形が多いので、
遊歩道の出だしで、(ここもそうに違いない)と、すっかり思い込んでいました。

ところが実際は、田んぼがあっても全然違和感のない雰囲気。

俺:「なんかイイ。癒されるぞ」

わたくし、すっかり魅入られてしまったのでした。

俺:「言葉にできない雰囲気だったなあ」
娘:「ねね、虫の鳴き声が凄いね」

そして、シャワシャワという滝音と、リズミカルな何かの鳴き声。

子:「は?これ虫なのか?蛙じゃないの?」
娘:「お父さん、どっち?」
俺:「すまん。俺にもよく分からんのじゃ」

鳴き声の主が何という生き物なのか、よくわかりませんが、
しかし!
この鳴き声が、滝音とハモーニーを奏でて、却って静寂を感じさせる不思議。

俺:「ああ、クマさえいなけりゃ、滝のそばにテント張って、お泊りしてみたかったなあ」
子:「お父さん、こういう滝に弱いよね」
娘:「弱い弱い」
俺:「お、言われてみれば、そうかも」
娘:「これは、あれだ!」

何だ?

娘:「お父さんの弱点発見!




人気ブログランキングへ
見つかってしまった…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 1 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/257-b3f7fc0d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2013/11/02 09:16)

上越市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

ケノーベル エージェント
2013/11/02 09:16
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示