FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

天の警告…

わたくしたち一家が、新潟の「観光の滝」を探求し始めておよそ2ヶ月。
少しずつ情報を蓄積してきた、とある日のこと。

妻:「これは是非とも行かなくちゃ」

という滝を発見しました。
これぞ、知る人ぞ知る、銀山平の大雪渓に懸かる「本城の滝」!

しばらく前の大水害で通行止めだった、新潟から尾瀬まで通じる国道352号線ですが、
昨年の秋に、ようやく全面開通しています。

俺:「見ろ、新潟から尾瀬に抜ける、この国道352号ルートで、本城の滝にアタックできるぞ?」
妻:「ぜひ!」

そういうワケで、早速、妻と二人で、晩夏の本城の滝を訪れてみたのでした。

が!

本城の滝_その2
本城の滝(落差40m)・遠景】  (新潟県只見川・北ノ又川中荒沢・西本城沢

俺:「うへえ~、予想以上に雪が残ってら」
妻:「今年、新潟は大雪だったっけ」

それはもう、見事に雪に埋もれてました。

妻:「かろうじて、落口が見えているのが救い…?」

本城の滝_その1
【本城の滝・主瀑布・落口アップ】

子:「あ~、これは、行く時期を間違えてるわ」(棒)

そして、家に帰ってこれば、
こんどは、ビデオ映像に向かって御高説を垂れる次男君。

なんか、最近次男君が、図書館で閲覧しまくっている写真集の中に、
「間違いない! 滝の神様から、僕らへのプレゼントだ!」
と言わんばかりの、近ごろタイムリーに入庫した『新潟 滝紀行』という本があるそうなのです。

子:「で、その写真集を注意深く読み込むとね…」
俺:「おう」
子:「本城の滝の見頃は、晩秋にかけて雪渓が消える僅かな期間しかないのが分かるんだよ」
妻:「そんな、知ってるなら、早く教えてくれればいいのに…」

むう。そうだったのか…。

本城の滝_その3
【雪渓の奥に懸かる、無名の連瀑帯】

子:「ま、お母さん、アレだよ」
妻:「なに?」
子:「僕らに内緒で、滝見になんか行っちゃいけないっていう、天の警告だねえ」
妻:「あなたね…」

これは次男君の言い掛かり。
そもそも、別に内緒にしていませんし、
だいたい、今の次男君、部活動で殆ど動けないでしょうが。

子:「そこが、お母さんやお父さんのスキだね」
俺:「す、隙?」
子:「滝見はね、僕ら家族が、仲良く暮らしてゆくための、必要不可欠な潤滑油なんだねえ」
俺:「あのな」
子:「それを欠かしてはならないって、神様が教えてくれたんだよ?」
俺:「あの…」
子:「ほら、素直に受け止めてみよう!」

妻&俺:「………」




人気ブログランキングへ
こ、こいつ…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| #
2013/10/30 11:56 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/256-52add5e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示