FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

怖い滝

俺:「怖えー!!」

魚沼市の守門川上流、守門岳中腹にかかる「布引の滝」を目指しているのですが…

なんか登山道が色々と壊れていたり、劣化していたり、流されていたりして、
ちょっとでも油断したら、アッと言う間に足下の谷底に滑落しそうで、無茶苦茶怖い!

俺:「マジで、子どもたちを連れて来なくてよかったぜ…」

布引滝_その1
布引の滝(落差40m)・概観】  (新潟県魚沼市 『大雲沢』

冷や汗をダラダラ流しながら滝見テラスに到着すると…

俺:「ひえ~高い!」

今度は、50m以上はあると思われる断崖絶壁の上から、滝を覗き込むという、このスリル!
滝の落差は40mほどと聞いていましたが、もっとあるように見えます。

俺:「落差100mとか言われても、信じてしまうわ」

しかも、谷が余りにも垂直に切れ込んでいるため、谷底が見えません。
崖縁に近付いたが最後、アリ地獄のようにズルズルと引き込まれて、間違いなく転落しそう。

一応、丈夫そうな木々同士をトラロープで繋げてあって、
「これ以上は近づかないでください」みたいな感じにはなっています。

いますが…

俺:「意味があるのか? これ…」

布引滝_その2
【布引の滝・下部アップ】

俺:「そういうワケで、お前らを連れていく気が失せる、非常に怖い滝でした!」

ビデオ映像を前に、感想を加えるわたくし。

子:「この滝下部の黒くなっているところ!」
兄:「凄みがある」
娘:「続きを見たいってところで、ちょうど見えなくなるし!」
妻:「沢床までは見えないのね」

何というか、滝そのものが、
いかにも、峡谷の暗闇に吸い込まれてゆきますみたいな、独特の色具合。

子:「滝下から見上げたら、どんな風に見えるんだろう」
娘:「きっと圧倒的な滝シャワー!」
俺:「いやいや、谷が狭くて切り立っているから、見えるのは下段部だけ」
子:「ナルホド。滝の全体像が見えなくなるワケか…」

辺りの地形からも見ても、
この観瀑テラスから見下ろすのが、ベスト・ポジションだと思われます。

布引滝_その3
【布引の滝・落口アップ】

子:「逆に、落口の水量がショボ過ぎだねえ」
俺:「時期的には、こんなもんだろ」
妻:「上段よりも、下段の方が主役の滝ね」
娘:「あたし、上段と下段の間に、滝壺があると思うよ」

間。

兄:「それ!」
子:「それ、あるかも!」
娘:「なんとか確かめられない?」

一斉にわたくしに集まる家族の視線。

俺:「ムリムリムリ!」

画像では、充分には伝わらないかも知れませんが、渓谷の掘削ぶりは、半端じゃありません。
大雲沢を遡行するのも、わたくしの技量ではムリ。
ましてや、滝を登るなんてあり得ない!

俺:「とにかく、怖い滝ってことで諦めてくれ!」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/255-0c1a6b40
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示