FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ハズレ


1995年の土石流災害により、一番滝が崩壊してしまった、
新潟県十日町市にある、「田代の七ツ釜」

国の天然記念物とあって、
当時、随分とニュースで流れたので、
「ああ、アレね」と思われる方も多いのではないかと思います。

その後、わたくしの記憶が正しければ、
2年後の1997年に、全国初の「擬岩による砂防ダム」が完成し、
ほぼ、崩壊前の滝姿を取り戻したハズ。

「当時の土木建築の粋を集めた画期的な工事!」
ということで、こちらも話題になってました。

俺:「でも、その後の話題を、トンと聞かないんだよなあ」
子:「滝で、しかも天然記念物とは!」
俺:「観光地としては、すっかりスポットが当たらなくなってしまったなあ」
子:「だが、天然記念物なんだろ?」

沈黙。

娘:「じゃあ、行けばいいじゃん」

ということで、
毎度のパターンではありますが、わたくし、晩夏の田代七ツ釜を訪瀑することにしたのでした。

七ツ釜_その1
田代七ツ釜・一番滝(奥)から二番滝(落差20m)・遠景】   (新潟県中魚沼郡津南町中深見丙 『釜川』

俺:「で、どうよ?」

わたくしの撮影してきた映像に、何だか目が据わってる次男君。

子:「まごうことなき堰堤…」
娘:「うわあ砂防ダム
妻:「もうひと工夫あったらよかったのに」
兄:「いやいや、ハズレじゃね?」
俺:「…」

う~む。よく造られているとは思うのですが…

さすがの現代土木技術の粋も、
子どもたちの目は誤魔化せなかったのか…。

七ツ釜_その2
【田代七ツ釜・三番滝(落差5m)・全景】

天気が良くないせいもあったのかも知れませんが、
せっかくの休日だというのに、七ツ釜近隣に人影はなし。
七ツ釜キャンプ場も、閑散としていました。

俺:「やっぱ、あんまし人が来ていないのね…」

駐車場に車をとめると、
一応、遊歩道があるので、川に向かって降りて行きます。
すると、直ぐに三番滝の手前に出るのですが…

俺:(一番滝への道が、藪と化してる!)

そうなのです。

どうやら、まだ自然のままの二番滝三番滝には、時折、来訪者があるようなのですが、
主瀑布であったハズの一番滝は、すっかり寂れてしまったようです。

俺:(まあ、見るからに砂防ダムだしなあ…)

七ツ釜_その3
【田代七ツ釜・左岸側壁の柱状節理】

娘:「でも、あたし、この崖はスゴイと思うな」

ふむ。

七ツ釜の右岸側は、大した見所もないヨコ断面なのに対して、
この左岸側は、それは見事な柱状節理が、タテ断面で垂直に伸びています。
まさに、川を挟んでの左右対称!

このようなケースは、全国でも、非常に珍しいそうなのです。

俺:「だから、災害後も、天然記念物に指定されたままなんだろう」
子:「う~ん、滝が天然記念物じゃなかったのか…」

子:「確かにハズレだわ」




人気ブログランキングへ
おい…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/251-ba5b203f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示