FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ドキドキ・ワクワク!

【沢登り探検 その2】

滝ノ沢F5の落口を、なんとか這い上がると、
すぐ眼の前に、いよいよ目的の大滝


滝ノ沢大滝(落差17m)・概観】   (新潟県西蒲原郡弥彦村弥彦 『滝ノ沢』

子:「あれれ。直瀑じゃないし…」

そうなのです。

滝ノ沢全体が急峻なので、旧案内人様のお話から、
「滝ノ沢大滝」「真っ黒な直瀑」を想像していたのでした。

ところが実際に来てみたら、側壁もあまりそそり立っていなくて、
とても開けた明るい滝。

俺:「予想外の斜瀑だったってワケ」
娘:「これ、ズバリ滑滝じゃん」
子:「む、滑滝まで行くかあ?」

う~む。

滑滝と言うほど傾斜が緩いワケではないのですが、
しかし、明らかに直瀑ではない、この微妙な感じ。

しかも、立ちはだかっている感は無いのに、
滝への取り付きが、ここまでの滝の中で一番緊張します。

娘:「何が緊張したの?」
俺:「ビレイが取りにくくって、ヌメヌメヌメ!」
子:「水量が少ないから、苔が生えやすいんだと思う」
俺:「ああ、たぶん、ソレだ」

滝の右岸側を見ると、しっかりとした巻き道。

俺:「そういうワケで、滝ノ沢大滝は、遠慮なく高巻きさせてもらったわ」

滝ノ沢大滝_その2
滝ノ沢F5・落口アップ】

さて、大滝を過ぎると、赤滝までの間、しばらく穏やかな渓相が続きます。

俺:「でもさ」
娘:「なに?」
俺:「なんだかんだ言っても、滝ノ沢大滝は、大滝と呼ぶに相応しい貫禄があったよな」
娘:「え~? 写真じゃ、あまり感じられないんだケド…」


間。


娘:「あたし、期待し過ぎてた?」
子:「そうじゃないよ」
娘:「はあ」
子:「未知への憧れであるうちは、誰だって、ドキドキ・ワクワクするもんでしょ!」




人気ブログランキングへ
つまり、知れば大したコトないと…
↑こちらをクリック!


関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/248-00acc570
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示