FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

一期一会、再び


こんばんは。


弥栄の滝(落差10m)アップ】   (秋田県北秋田市森吉林班地内 『大印沢』

さて、8月31日(土)に、
『TVチャンピオン滝通選手権出場者4人+滝ドルによるブログ』
メインブロガーであるしゃけさんより、コメントを頂いておりました件、
以下の通り、皆様にも、お知らせ申し上げます。



以下、転載


タイトル: 『永瀬嘉平先生(日本の滝百選選考委員)の講演会』


永瀬嘉平先生の講演会の詳細が以下の通り決定しました。

日 時:平成25年11月16日(土) 13:15~17:00(予定)  
場 所:竹の塚地域学習センター 3F レクリエーションホール
住 所:東京都足立区竹の塚2-25-17
入場料:1,000円

※参加希望多数の場合は先着順となります。

※申し込み方法の詳細等は、こちらをご参照下さい。


色々と思うところがあっても、我々滝好きは多かれ少なかれ
日本の滝百選を常に意識していると言っても過言ではありません。

意識しているどころか日本全国の滝百選を訪ね歩くことをライフ
ワーク、人生の目標としている人も大勢いることでしょう。

1990年に日本の滝百選が選定されてから20年余り。
日本の滝百選選考委員会のメンバーはその大半が鬼籍に入られました。

百選に選定された滝については周知の通りですが、ではこの滝百選とは
具体的にどのような過程を経て、どのような選考基準で、
どのような理念を持って選ばれたのかなどの詳細については
現在では断片的で信憑性も曖昧な伝え聞いたことしか知るよしがありません。

しかしながら、この度、日本の滝百選選考委員の中心的
メンバーで滝の世界では伝説的な先駆者である
永瀬嘉平先生が、近年の沈黙を破って「今、再び
『滝』を語ること」を決意していただきました。

このような機会はもう二度、未来永劫、永久にないかも知れません。

現在ではネットを検索すれば滝の情報はいくらでも入手することが
できます。難易度の高い滝に挑戦しようとする際にネットで仲間を
募ることもできます。

しかしながら、1960年代の後半から、今と違って当時本当に何の
情報もなかった時代に日本中の滝を「たった一人」で
人知れずに訪ね歩かれた『生ける伝説』である永瀬
嘉平先生の滝に命を掛けた「その生き様」「熱い魂」
に触れたい方は是非お越し下さい。

我々滝好きは意識しているか、していないかは別として永瀬嘉平
先生の影響を受けていない滝好きはいないはずです。

日本全国の滝好きの皆様、ぜひ万障お繰り合わせの上、ご来場下さい。

以上、転載


お知らせでした。




人気ブログランキングへ
う~む、土曜日ですか…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 1
go page top

コメント

ありがとうございます。

告知にご協力いただきありがとうございます。
こんな機会は金輪際ないと思いますので、
来る来ないは別として一人でも多くの滝好きに
永瀬先生の講演会が開かれることをお伝え
したいと思っています。

URL | しゃけ #E1jPy/mY
2013/09/06 00:00 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/243-233fdcf3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示