FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

おお!


遂に、三本滝群最後の白滝に辿り着きました。

俺:「ああ、思い返せば長かった」

そう。

わたくしたちが初めて三本滝を訪瀑したとき、
次男君が「滝の落差」について、ひとつの疑問を投げかけてくれました。
それが、そもそもの始まりだったのかもしれません。

あ、もちろん直接のキッカケは、
先日、娘と一緒に三本滝の頭を訪瀑したからですけどね。

俺:「いやあ、感慨深いなあ…」

白滝_その1
三本滝群・白滝(落差20m)・全景】   (長野県松本市安曇 『小大野川』

意外だったのが、
滝壺に立って見上げると、白滝の落差が、せいぜい20m程度なこと。

俺:(あれ、こんなに低かったっけ?)

滝見を始めたばかりの頃は、この白滝が、30m以上の落差を持つ“轟瀑”に見えたものでした。
しかし、家族みんなで滝を3年間見続けてきた今、それが、ひとつの幻想であった、というか、錯覚であったことが分かるのです。

娘:「それって、あたしたちの滝見力が上がったからだよね」

で、わたくしのビデオ解説に口をはさむお嬢さん。

俺:「滝見力?
兄:「なんだそりゃ」
子:「滝見力は変。それを言うなら滝見道
兄:「もっと変だろ!」
子:「つまり、滝見の修行を極めると、一見して滝の真実が分かってしまう、いわば宗教的な悟りの境地に達します」

みんな:「「はい?」」

子:「お父さん、おめでとう!」
俺:「は? おめ?」
子:「遂に正覚者だね!」
俺:「し…」


沈黙。


この子、一体どこで覚えるんだろう、そういう難解語。


【三本滝群・白滝・吊橋の上から俯瞰】

白滝滝壺で、手元の簡易高度計でもって標高を測ると、1759mでした。
三本滝の頭の落口での標高が1971mでしたから、
三本滝群全体の総落差212mになります。

兄:「へえ。実は落差200mを超える巨大瀑布だったってか!」
子:「ほら見ろ、僕の言った通りだったろ!」
妻:「そう言えば、昔、あなたからそんな話を聞いた記憶が…」
娘:「こんなに凄いなら、あたし、もっとちゃんと見とけばよかった!」
子:「ハン!後悔先に立たず」

落差の話題で盛り上がる我が家!

子:「でも、今年は凄いゼ」
俺:「何がよ?」
子:「長らく懸案だった謎を、これで二つも解いたじゃん」
妻:「二つ?」
娘:「ひとつは、三本滝・総落差の謎だね」
子:「そ!」
兄:「もう一つは?」
子:「雲間の滝主瀑が、神秘のベールを脱いだことだよ」


間。


みんな:「「おお!」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/241-ae9f4a8f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示