FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

激論!

娘:「どうしてなの?」
俺:「何が?」
娘:「どうして、黒沢の滝の方は、今回水量が少ないワケ?」

ふむ…

つまり、前回、次男君と梅雨明け直後に行った時と、
今回、わたくし単独で行った時とを比較してみると、

【水量】
本沢の滝 前回<今回
黒沢の滝 前回>今回

どうやら、お嬢さんの目には、このように見えているらしいのです。

子:「らしいって、僕にもそう見えるけど?」
俺:「…」


三本滝・黒沢の滝(落差60m)・全景】  (長野県松本市安曇 『小大野川』

兄:「これはもう、上流域の雪代量の差じゃね?」
俺:「ほほう…」

つまり、
黒沢の滝の上流域にある雪は、だいたい融雪し終わったが、
本沢の滝の方は、今が雪解け真っ盛りってワケか。

娘:「あたし、違うと思う」
俺:「何が違う?」
娘:「雨が降った後に、水を貯めておける力の差っていうか…」
子:「保水力」
娘:「それでしょ!」

むむう…

つまり、黒沢の滝の上流森林は、比較的、保水力が低いため、
雨が降ると、一気に大量の水が流れ落ちる。

対して、本沢の滝の上流森林は、保水力が高いため、
雨が降っても、急激には増水しない、と。

子:「どっちだろうね~」


【三本滝・黒沢の滝・左岸側】

兄:「雨水は速攻で流れ出すけど、雪は解けるまでに時間がかかる」
子:「それだ!」
兄:「このタイムラグが現象化しただけだろ」
娘:「はあ?保水力の差でしょ」
子:「それもある!」

間。

娘:「あんたねえ、どっちの味方なの?」
子:「フ、正義の味方」


【三本滝・本沢白滝上流の小滝】

俺:「まあまあ、お前ら、落ちつけや」

なんだが話がこんがらがって来たので、
みんなのクールダウンを図るわたくし。

俺:「まあ、あれだ。森林域の保水力の差は、夏の水量の差となって現れているワケだし、また、雪代の多寡は、春の水量の差となって現れているワケだ。結局、本沢の方が集水域が広いから、保水力のポテンシャルは、こちらの方が高くなる。したがって、本沢は、常時、水量が安定していると判断できるな。これに対して、黒沢の方は、集水域が狭くなる分、水量の増減が激しくなるのは当然だろう。そう、この集水域という考え方は、大事なポイントだ。だからそういうことで、今回は、たまたま黒沢の水量がグッと減り始めたところに、運よく出会わせた、という所が真相じゃないか? そういう背景があって、今回の、季節による水量増減の逆転現象が起きたんだろう。そういう意味で、君たちの仮説は、どちらも正しいと思われるな。うん、俺はそう思うよ」


沈黙。


娘:「…うわぁ」
子:「長いし」
兄:「三行で」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/240-fcdd601b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示