FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ドーン!

【秘瀑探検 その10】

俺:(これは、しばらく渓流瀑が続くのかな…)

ゴルジュの出口が明るかったので、
そんなコトを予測しながら、次のポイントに降ります。

すると!

その予測を裏切るように、ドーン!豪快な滑滝が!


(三本滝群・ミニゴルジュ出口)無名滝(落差20m)・本瀑アップ】
  (長野県松本市安曇 『小大野川』

娘:「ふわあ、荒々しいね~!」
兄:「これは轟瀑!」
俺:「雪代が多かったからな」
娘:「雪代って?」
子:「うん、雪解け水のことだよ~~~って、今まで知らんかったんか!」
娘:「テヘ」

テヘって…


【無名滝・概観】

兄:「パッと見、ひとつながりの滝に見えるけど、アレだろ」

アレ?

兄:「やっぱがあるから、そこで別々の滝に分けて捉えるべきだわ」
俺:(フム)
娘:「釜?
子:「ほんとだ!途中に、かなり深そうな釜がある!」

ワラワラと、テレビ画面に食い入る子どもたち。

娘:「ああ、見づらい!もう、なんでもっと近づいて撮らなかったの」
俺:「バカを言え。俺を谷底まで滑り落として、下の大滝まで真っ逆さまにする気か!」

右岸斜面のちょうど中間部に、小さいテラスみたいな、土が溜まっている場所があったので、
小木にビレイを取りながら、
そこに一脚を突き立てて、少し離れて撮影しています。

そこ以外、わたくしにとっては、どこもロープ必須の急斜面。

娘:「だって釜の色、すごいグリーンだよ?」
子:「まさにどグリーン!
娘:「こんなの、間近で見たいに決まってるじゃん!」
子&兄:「「うんうん」」

おまえら、すまぬ。
父の力量では、コレが限界なのだよ…。


奥の大滝・落口】

兄:「うは。渦を巻いてやがるし」
娘:「あそこ、ポットホールがあるかもね」
俺:「可能性はあるな」
子:「そして遂にキター!」

突然、妙なモーションをとる次男君。

子:「ドーン!秘瀑!奥の大滝っっ!!




人気ブログランキングへ
そんなに期待されても困る…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/236-c48b26cc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示