FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

分かれ目

【遠大な計画・最終章!】
& 【秘瀑探検 その8】

子:「やっぱ、人外感が半端ないゼ!」
娘:「神秘的~!」
妻:「秘境感たっぷりね!」
兄:「これ、完璧に滝怪獣の世界だろ」

うおい!
滝怪獣言うの、やめてください。

茶釜の滝_その1
茶釜の滝(落差100m)・全景】  (秋田県鹿角市八幡平 『夜明島渓谷』

茶釜の滝へ到るには、主に、
長丁場で山越えする大場谷地ルートと、
泊滝を超えて沢沿いにアプローチする夜明島渓谷ルート
二つがあります。

わたくしとしては、(条件付きで)泊滝経由の渓谷ルートの方をおススメするワケですが、
その理由の一つが、前衛滝を高巻く鉄ハシゴにあります。

娘:「どゆこと?」
俺:「うむ。結局、どちらのルートも、最後で前衛滝の高巻き鉄ハシゴを登るんだが…」
娘:「うん」
俺:「これが、泊滝の高巻きハシゴより、難易度が高いんだ」

泊滝の高巻き鉄ハシゴが危険だからということで、大場谷地からアプローチしても、
結局、それ以上に難易度の高い鉄ハシゴを、最後に登らざるを得なくなるワケです。

娘:「どこが難しいの?」
俺:「ポイントは二つだな」
娘:「うん」
俺:「途中、壁面の凹凸具合で足場がなく、手も掛けにくい箇所がある」

つまり、空中で、何段か段を飛ばさなければいけません。

子:「ひえ、こわ!」
俺:「さらに、登るに従って、ハシゴが斜めになる」
娘:「は? どゆこと?」

つまり、ハシゴの傾斜が60度とか45度とかになってゆきます。
プロの沢屋さんなら、立って歩く所なのでしょう。

が、手すりも無いですし、転落したら終わりなので、
わたくしとしては、四つん這いで行くしかない。

娘:「へえ。アスレチックみたい」
俺:「たわけ」

これ、動きづらくて恐怖だから!

子:「あれ? 渓谷ルート最大の核心は、泊滝落口の徒渉だったろ?」
俺:「そうね」
子:「なら、それが避けられるだけでも、大場谷地ルートって利点があるじゃん」
俺:「いやいや。同時に、遭難者や行方不明者が、メッチャ多発しているから」

渡渉ミスか、遭難か___

まさに、どちらのリスクを背負うかが、
茶釜の滝へのルート選択の分かれ目となるのではないでしょうか。

妻:「要は、鉄ハシゴは、ルート選択のモノサシにはならないってことね」

そうそう!
それが言いたかった!

茶釜の滝_その2
【茶釜の滝・高速シャッター気味に】

茶釜の滝・本瀑、実際の落差は、60m程度だと思われます。
そんなに高所から落水している印象はありません。
滝見テラスでの率直な感想は、「アレ? 低い…」
前衛滝と併せた落差が100mというのが、本当のところでしょう。

娘:「じゃあ、鉄ハシゴだって、100mも登ったりはしないんだね」
俺:「ま、そうだな」
子:「ふむふむ」

腕を組む次男君。

子:「結局、すべての分かれ目は、泊滝落口の渡渉収斂されてゆくな」

また、カッコ付けた言い回しをしやがって。

娘:「ねね、しゅうれんって何?」

…。




人気ブログランキングへ
「遠大な計画」、ここに完!
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/232-45ec23f9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示