FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

無理ゲー

【遠大な計画・第9章!】
& 【秘瀑探検 その6】

子:「う~ん、しょぼい」
娘:「ね」

確かに見栄えはしません。
しかしそうは言っても、あの泊滝の奥に懸かっている以上、この滝も、間違いなく秘瀑でしょう。

俺:「水量も多かったしな」
子:「みたいだね」
俺:「滝下から見上げると、それなりの迫力があったわ」

夫婦滝_その1
夫婦滝(落差4m)・全景】  (秋田県鹿角市八幡平 『夜明島渓谷』

東北の沢は、晩夏というか初秋というか、
要は、何回か秋の冷気によって虫たちが叩き落とされた時期が狙い目です。

万一のことを考えて、ヘルメットの上からスポッと被れる防虫ネットを持参していましたが、当初の目論見通り、ほとんど虫影もなく、ネットに用なし。

俺:「快適じゃ」

さらに夜明島渓谷は、夏半ばまで雪渓が残っていることが多いのですが、
流石に、この時期はありませんでした。

むしろ、ジワジワ照りつける夏っぽい日差しと、青々とした草木とが、
わたくしの眼を楽しませてくれます。


ググリの滝(落差10m)・上段部】  (秋田県鹿角市八幡平 『夜明島渓谷』

ただ、川の水がもの凄く冷たい。

娘:「もの凄くって?」
俺:「これを見ろ」
娘:「腕時計」

いや、
だから新しく買い替えたんだよ。
気づけって。

娘:「それで?」

むう…

俺:「実は、遡行中に転びかけて、腕時計をはめたまま、川床にザブンと手をついてしまった」
娘:「ふ~ん。で、壊れた」
子:「ちょっと待って」
娘:「なに?」
子:「お父さんの腕時計って、確か10m防水だっただろ」

その通りでございます。

子:「手をついたくらいで、浸水するのか?」
俺:「そうじゃないんだが、時計のガラスが、内側から曇ってしまったんだよ」
娘:「は? つまり、どういうことなの」

外気温やわたくしの体温と、水温との差が、あまりに激しすぎて、
普段なら絶対に曇らないような防水時計すら、真っ白に曇ってしまったということですな。

数日後、先代の腕時計はおシャカとなりました。

俺:「水温は、恐らく3℃とか4℃とか、ひと桁台だったろ」
子:「ほぼ氷水じゃん」
俺:「そ」

上半身は汗だくなのに、足先だけ低温で痺れてしまうという、不思議な体験をしました。


【ググリの滝・中段部】

ちなみに、渓谷道は、全般的にウォーター・ウォーキングするのにピッタリな感じ。
ググリの滝付近なんかも、高巻き道がしっかりついているので、安心して遡行できます。

人によっては、茶釜の滝へのアプローチ、
長丁場である大場谷地からの山越えルートを推奨する方もおられます。

しかし、わたくしの感触としては、難関「泊滝」を超えられる技量があるなら、
渓谷道の方をおススメしますな。
なんてったって、茶釜の滝までの道のりが比較的フラットで、遡行距離が短い!

子:「なら、僕にも行けそうかな」
俺:「それは止めておけ」
子:「なんでだよ? ウォーター・ウォーキングにピッタリじゃないのか」

いや、
そうは言っても、あくまでも、上級者向けのお話ですから。

俺:「実際、地元の観光協会では、保険加入とガイド同伴を推奨」
子:「む」
俺:「とても過酷な場所で、相当の体力と技術を要する上に…」
子:「むむ」
俺:「毎年毎年、山菜採りやキノコ採りの方が遭難」
子:「むむむ」
俺:「しかも、熊が頻繁に出没するらしい」
子:「…」

娘:「無理ゲー」




人気ブログランキングへ
※「無理ゲー」=「絶対クリアできないゲームのこと」
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 6
go page top

コメント

滝百選選考委員だった永瀬嘉平先生の講演会

お久しぶりです。歴史と旅の管理人のしゃけです。

最高の舞台を作りました。

11月16日(土)の午後に東京のどこか(場所未定)で、
日本の滝百選選考委員だった永瀬嘉平先生の講演会を
開催することになりました!

おそらくこんな機会は金輪際もう二度とないと思います。

あえて何も言いません。滝好きならこれがどんな意味を
持つことか言わずにもわかるはず。詳細はまた連絡します。

URL | しゃけ #oh849mzY
2013/08/31 19:36 * edit *

いえいえ

私はファーストステージ敗退です。
優勝したのは一緒にブログを書いている森本さんです。

URL | しゃけ #a1.LJFSc
2013/06/21 00:28 * edit *

失礼いたしました…

早速の返コメント、ほんとうにありがとうございます。

しゃけ様のコメントで驚愕したこと。

>ちなみに私はチャンピオンじゃないですよ。

えええ?
本当ですか?
微塵にも思ったことがなかったものですから…
大変失礼いたしました。

こんなわたくしBuddhistですが、
今後とも、どうぞ宜しくお願い申し上げます。

URL | Buddhist #T7I9eZAc
2013/06/19 00:24 * edit *

早速ありがとうございます。

この度は相互リンクの件、快くご了解いただきましてありがとうございます。
早速私の方でもリンクを貼らせていただきました。(私のサイトの方は反映
されるのに少し時間が掛かるかも知れません)まさかロムっていただいて
いたとは(笑)これからもどうぞ宜しくお願いします。ちなみに私はチャンピ
オンじゃないですよ。

URL | しゃけ #yAC5r/Jc
2013/06/15 23:46 * edit *

返礼

しゃけ様

こんにちは。Buddhistです。
ホームページへのご訪問、誠にありがとうございます。

しゃけさんの「四季折々の滝を巡る旅」は、私もお気に入りに登録して、いつもロムっていたのですが、
まさか、滝チャンピオン自ら、こちらのホームページカキコ下さるとは。本当に嬉しい限りです。
ありがとうございます。

相互リンクの件、早速ですが、ぜひぜひ宜しくお願い申し上げます。

URL | Buddhist #jyDLv1eY
2013/06/14 23:20 * edit *

はじめまして!

はじめまして!歴史と旅の管理人のしゃけと申します。
もし差し支えなければ私のHPとブログで相互リンクを
させていただければと思いコメントをさせていただきました。
お手数ですが一度私のサイトにお越しいただき、ご返信を
いただけると幸いです。どうぞ宜しくお願いします。

「ホームページ:歴史と旅」

「ブログ:TVチャンピオン滝通選手権出場者によるブログ」

URL | しゃけ #z1u3U/Tk
2013/06/14 05:56 * edit *
go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/229-b95f8239
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示