FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

最大の関門

【遠大な計画・第8章!】

兄:「これ、いいんじゃね?」
娘:「スローシャッターが威力を発揮してる!」
妻:「今年一番の出来ね」

むう!

東北の百選滝で最難関と言われる茶釜の滝
険谷・夜明島渓谷の最奥に懸かる滝ですが、
大倉小滝九階滝早戸大滝と、ステップアップを重ねてきたわたくしは、
いよいよ、この夜明島渓谷に挑んで参りました!

泊滝_その3
泊滝(落差20m)・全景】  (秋田県鹿角市八幡平 『夜明島渓谷』

険谷と言っても、実は、随分とルート整備が進んでいました。
ですので、幾つかの難所を除けば、全般的には楽しく沢登りできるコースではあります。
ズバリ、最大の核心は、峡谷入口のど初っ端に懸かる、この「泊滝」の高巻きでしょう。

娘:「そうなの? この写真、あたしでも高巻きできそうだけど」

甘いな。甘すぎる。

もう陽も高く登っているにもかかわらず、「泊滝」周辺は、木々に囲まれて鬱蒼としています。
なので、写真だと、スローシャッタ―気味の優しげな感じの滝に写ります。

しかし、騙されてはいけません。

ビデオ映像になると、落差が20mしかないのに、思いっきり直瀑で轟瀑のド迫力!。

子:「ほほう、凄まじいではないか、おぬし」
娘:「テレビにおぬし言うなキモイ」


【泊滝・落口とトラロープ・アップ】

「泊滝」の落口は、両岸とも切り立った崖になっており、凄い圧迫感。
ここを巻いて渓谷の奥に進んでいくためには、高さ20m以上はある、この断崖絶壁にかかる鉄梯子を、往復四回も昇降しなければならないのです。

俺:「さすがに、手がブルったわ」
娘:「え~、楽しそうなのに」
俺:「いや、その感想はおかしい」

さらに、「泊滝」落口の急流を、ささやかなトラロープを命綱にして、渡渉しなければなりません。

子:「トラロープって、え?え?え? これのこと?」
兄:「まさか、これかよ!」
娘:「これなの?」
妻:「あなたこれ…」

そう!
まさに、渓谷の最初にして最大の関門でしょう!!

子:「げげげ。渡渉に失敗したら、タダじゃ済まないだろ…」
兄:「足が滑ったら、人生終わるし」
娘:「すごい面白そう…」

お嬢さんの感想が、やっぱりおかしい。


【泊滝・高巻道から】

子:「ああああ、美しいものにはトゲがあるという伝説は、本当だった」
娘:「おおげさ~」
兄:「伝説ちゃうし。ただのコトワザ」

この「泊滝」落口急流の渡渉、
冷静になってみれば、恐らく惣滝での渡渉と同じくらいの難易度です。
ですので、まあ、山慣れた方なら問題ないとは思います。

でも、到底、家族を連れて行く気にはなれませんな。

娘:「『泊滝』を観瀑するだけなら、あたしだって行けるでしょ?」
俺:「いやあ、渓谷道を車で走るのも、一回行けばお腹いっぱいだわ」
兄:「ダート道?」
俺:「もう大変」
子:「まさに、あれだ」

子:「美しいものには…」

みんな:「「それはもういい」」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/228-1ef79496
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示