FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

【遠大な計画・第4章!】

娘:「こう、いまいちになり切れていない感じ?」
俺:「は?」
子:「そもそも、に似てる必要、あんのかよ?」
娘:「桃の滝だから!」

沈黙。

子:「それはまあ、水量がMAXじゃないと見れないし」
俺:「あのな、これ、水量多いんだぞ。普段、もっと少ないんだぞ」
娘:「じゃあじゃあ、大雨の日に…」
俺:「行けるか!!」


桃洞滝(落差30m)・全景】  (秋田県北秋田市森吉林班地内 『トウド沢』

日本には、いわゆる奇滝と呼ばれる、一風変わった形をした瀑布がいくつもあります。
その中でも、この森吉山麓に懸かる「桃洞滝(とうどうのたき)」は、TOP5に入るのではないでしょうか。

子:「落口でいったん集まった水流が、中ほどで滝幅いっぱいに広がって、再び滝壺で集約されるってのが不思議」
娘:「やっぱりだよね!」
子:「こう、大自然の創造の神秘を感じない?」
娘:「うんうん、感じる」
兄:「フ、感じといてやるよ~」

ひとこと余分な長男君。

子:「兄貴、ケンカ売ってんのか」
兄:「まあ、お子ちゃまなお前にはまだ早いけど、この滝には、女滝という二つ名があるだろ?」
子:「あるよ! どうして知ってんの!」
兄:「フ。やはりな~」
子:「なんで当てずっぽう?」
兄:「フ。なぜかな~」

バシィィッッッ!!!

長男君、まるめた新聞紙で妻に叩かれました。


【桃洞滝・上段部アップ】

なんでも、最近、長男君の高校では、「まとめサイト」が流行っているんだそうです。
「まとめサイト」ってのは、インターネット上で話題になった情報や出来事を集めて編集しているサイトのことですね。
で、この「桃洞滝」が、「まとめサイト」で、その手の写真として広く出回っているらしい。

この大自然の芸術をして、まったく何やってんでしょうか。近頃の高校生どもは…。

俺:「まあ、あれだ。少し距離はあるけれど、お母さんでも行ける滝だぞ」
娘:「どれくらい?」
俺:「君の足で1時間かな」
娘:「いいじゃん!」
子:「でも、夏とかは厳しいだろ」
妻:「そうなの?」

ふむ。
東北の沢は、夏場、山のようなアブやらなんやらが発生します。
なので、顔を防虫ネットで保護でもしないと、とてもではないが沢を歩けるような状況ではありません。

妻:「虫はダメ!」
娘:「あたし、ヤマビルじゃなければ耐えられると思う…」
子:「甘いし! メジロアブなんか、服を喰い破って血を吸うから」
娘:「うわ~それはイヤ!」

桃洞滝_その2
【桃洞滝・下段部アップ】

子:「いつもの滝本だと、桃洞滝、スローシャッターで撮った写真しか載ってないからな~」
娘:「うん」
子:「だから、このお父さんの高速シャッターのヤツ、凄くいいと思う」

おおお?

妻:「どんなとこがいいの?」
子:「ほら、水が輪を作るようにして、岩肌を滑り落ちていくでしょ」
娘&妻:「うんうん」
子:「この雪輪っていうの? これって桃洞滝の大きな特徴だろ」
娘:「そうじゃん」
妻:「そうだわね」
子:「これって、高速シャッターじゃないと、写らないんだよ」
娘&妻:「なるほどね!」

ムフ。
ムフフフフ。
たまには手放しで誉められるのも、悪くないですな。

子:「だからさ」

フッと娘の方に向き直る次男君。

子:「お前も、これ以上、にこだわる必要、ないと思うよ?」




人気ブログランキングへ
最後そこかよ…
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/224-cf2e42db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示