FC2ブログ
04«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ひとまず


ひとまず、次男君が退院することになりました。

ほんとうに、おめでとう!

長く長く感じられた1ヶ月間でした。

ドクター:「投薬による免疫力低下のため、さらに半月は、自宅にて療養に専念し、人ごみは避けるようにしてください」

どうもインフルエンザとかに罹ると、ヤバイそうなのです。

ドクター:「ただ、普段の生活も、回復途上の本人にとっては未体験の事ばかりで、ストレスがたまると思いますから、リハビリ、気晴らし、体力回復を兼ねたウォーキングは、強く推奨します」

それってつまり、「人のいないタイミングを見計らって、滝に行くように!」ということですな。

妻:「…」
俺:「なによ?」
妻:「…」
俺:「反対しないだろ?」
妻:「…そうね」

確かに、お爺ちゃん・お婆ちゃんとの間に微妙な空気が生まれてしまったこの家に、ずっとこもっているのもつらいでしょう。

でもなあ。次男君、歩くとフラフラするので、危ないとこは行きたくないしなあ。

しかし、彼の笑顔は見たいのです。


【渓谷の秋】


妻:「いっそ、どこか100m滝チャレンジしてみたら」
俺:「へ?」
妻:「あなたが、そんな弱腰で、どうするのよ(笑)」

そっか。「明るい未来を信じて、前に進む」んだったっけ。

そうだよな。
ジュニアハーネスとヘルメット、お助け紐があれば、多少の難道くらい、なんとかなるだろう。

よおし! いってみようぜ!




人気ブログランキングへ
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/22-55b8440e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示