FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

このままであれば

この度の衆院選では、どうにか保守回帰を達成し、
民主党を壊滅的な敗北へ追い込むことに成功しました。
わたくしも、様々なお手伝いをさせて頂いた身として、2009年の借りを、ようやく一つ返せたという感じです。

というワケで、久々ではありますが、マスゴミが流さない辺りの小ネタです。


【壱】
保守層の期待を背負って出帆した安倍政権ではあるが、「このままであれば」、一年弱の短期政権で終わる可能性がある。
具体的には、第一に、某省が描いていると噂される、次期参院選での自民壊滅シナリオ。第二に、経済の罠。第三に、想定以上に早まっている中国共産党による日本侵略のシナリオ。

【弐】
政党助成金をもらう前なのに、また、明らかに民主壊滅が分かっていたにもかかわらず、この不自然な時期に解散した野田内閣。
噂では、某省と野田氏が握って、今選挙では、敢えて自民党に対する国民の期待を上げるだけ上げておく。次に、2013年の前半で、この安倍政権に対する国民の期待を、徹底的に裏切らせる。そして、7月の参院選で、再び、左翼勢力を大勝利させる、というシナリオが描かれているらしい。

※ちなみに、前回の安倍氏辞任の真相は、官僚による組織的な仕事のボイコット(ストライキ)。


高樽の滝_その4
【高樽の滝・落口】


【参】
谷垣前総裁時代に合意してしまった「消費税・増税」。
予定通り8%へ増税が実施されれば、2014年4月より、日本経済はほぼメルト・ダウンする。試算では、3社に1社しか生き残れない熾烈なデス・ゲーム。
増税の度に不況を起こし、結局において税収を減らし続けている某省。経済沈没の責任追求は、政治屋(自民大敗)やマスゴミ(倒産)だけでなく、官僚自身(解体・リストラ)にまで及ぶことに。

【肆】
原発停止の穴を埋めるべく、現在、燃料輸入に百億円/日が使われている。しかも、円安でどんどん上がっている。これで日本の電力インフラが持つはずもなく、近い将来、電力料金は今の2倍以上にならざるを得ない。
安倍政権の経済政策はインフレ指向なので、基本的には、経済を活性化させる。しかしこれは、原発を即時に再稼働させなければ成り立たない話。
マスゴミにおもねって原発を止めている間は、経済成長分が、すべて電気料金で食い潰されるという構図。

【伍】
弱腰オバマをして強いアメリカたらんとさせ、中国包囲網を築いてきたクリントンが、国務長官を退任した。理由は、次期大統領選を見据えて。しかし残念ながら、このままであれば、オバマの次期4年間で米経済は失墜するので、オバマと同じ米民主党のクリントン当選の目は、ほぼ無いだろうと思われる。
後任のケリーは親中派。その基本姿勢は、「アジアのゴタゴタはアジアで解決してね」。
何かきっかけがあれば、沖縄海兵隊すら引き上げる可能性も。
これこそ習近平の思う壺。

【陸】
安倍政権は、基本的に、日中の大きな軍事衝突はないと想定しているものと思われる。
しかし、米が親中へと軸足を動かすのと同時に、習近平が、ここを急襲してくる(具体的な攻撃の)可能性が高まっている。

【漆】
オマケとして。
安倍さんは親・幸福の科学らしい。というか、安倍さんの掲げている政策は、基本的に、2009年の衆院選で幸福実現党の掲げていたものと同じ。パクリと言われて、恐らく自民党の役員諸氏も言い返せないレベル。




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/210-676ff7d5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示