FC2ブログ
07«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»09

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

何言ってるのか分からない

子:「ついに制覇した…」

次男君が、滝前で感慨深げです。


払沢の滝(落差60m)・最下段】  (東京都檜原村本宿 『北秋川セド沢』

子:「ここまで来るのに、ずいぶん時間がかかったものだ」
俺:「そりゃおまえ、いざというときのためのネタ滝だしな」
兄:「ネタ滝?」
俺:「あ、いや、聞き流してくれ」
娘:「ごめん。お父さんが、何言ってるのか分かんない…」

そもそもの始まりは、次男君提唱の「三大都市制覇計画でした。

娘:「三大都市って?」
俺:「自分で調べろや」
兄:「これ、正確には、『三大都市がある都道府県の百選滝』の制覇計画だろ?」
子:「余計なツッコミをするな!」

そう。
次男君の制覇計画は、昨夏の大阪の箕面の滝、今春の愛知の阿寺の七滝と来て、
残すところ、東京の「払沢の滝」だけとなっていたのです。

妻:「昨日の粟又の滝とは、全く趣が違うわね」
兄:「同じ関東の滝とは思えん」
娘:「ねね、こっちに来て! 奥の滝が見えてない?」

ワラワラと駆け出す子どもたち。

子:「うおおお、アレが秘された二段目か!」

払沢の滝_2・3段目
【払沢の滝・一段目落口と二段目上部】

子:「つまり、払沢の滝は、全部で四段。上流に、あと二段隠れているんだ!」

少しくたびれた感じの看板を見ながら、みんなに蘊蓄を垂れる次男君。
各々の落差は、眼前に見えている最下段部が26m。二段目が17m。三段目が14m。そして、最上段部が3mですね。

娘:「で、全景を眺められるポイントは?」
俺:「ねえな」
娘:「それってなんか、洒水の滝と似てない?」
妻:「似てるわね」
兄:「極めて残念なところが」
子:「だけど、洒水の滝と違うところもある」
娘&兄:「なになに?」
子:「払沢の滝には、三本滝の法則が当てはまらないんだよ」

妻:「?」
娘:「え~と…」
兄:「なんだ、それは」

いや、だからね、
次男君が言いたいのは、
払沢の滝は、その公称落差が、四段全てを含めたものであるのに対して、
三本滝や洒水の滝は、最下段部だけの落差が、公称値として使われている、ということなんだよ。

妻&娘&兄:「…」

つまり、なんだ、
滝を分けて、わざわざ落差を低く見積もってるっていうヤツな。

妻:「ごめん。あなたが、何言ってるのか分からないわ




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/188-af8be7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示