FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

主役は…

「天滝」から駐車場への帰り道。

ヒルの恐怖と闘いつつも、そこはそれ、次男君のことです。
抜け目がないというか、なんというか…

子:「あ、待ってて。一瞬で終わらせるゼ」

その昔、三条の滝で膝を壊したわたくしには到底不可能なスピードで、娘と一緒に渓谷道を駆け下ってゆくと、わたくしが追い付くまでの暫し、道中の滝を撮影してゆくのです。

夫婦滝@天滝渓谷
夫婦滝(落差5m)・全景】  (兵庫県養父市大屋町筏 『天滝渓谷』

子:「あれだ。どれもこれも、天滝を観た後だと、まるで箱庭の中滝」

シャッターを切りながら、ご高説をのたまう次男君。

娘:「いやいやスピードだよ、スピード。ヒルにやられない速さでいかなきゃ」

で、それをスルーする娘。
おまえら、会話が噛み合ってないぞ。

子:「お父さん、下り道、トロいんだから、妥協してやれよ」
娘:「ええ~っ! 座してヒルを待つのみ?」

最近、次男君のマネをして、ことあるごとにコトワザを引用したがるお嬢さんでしたが…。

子:「それ、使い方がおかしいから」


糸滝(落差50m)・概観】

子:「コレなあ、落差100m滝だって聞いてて、期待してたんだけどな~」
娘:「糸滝が?」
子:「そう」
娘:「上が隠れてて、観えないだけじゃない?」
子:「隠れてたって、これじゃ、せいぜい50mくらいしかないし」
俺:「俺の眼には、滝じゃなくて、ただの急流に見えますが」

子供たちの会話に割って入るわたくし。

娘:「あ、お父さん、追い付いた!」
子:「よっしゃ、次行くゼ!」

あああ子供たち、いきなり再ダッシュ!
わたくし、アッと言う間に置いてけぼり。


鼓ヶ滝(落差10m)・全景】

子:「天滝渓谷は、やっぱ天滝が主役だったか。あたり前だけど」
娘:「でも、天滝のすぐ下にあったヤツも、まあまあ観れたでしょ」
子:「ああ、鼓ヶ滝ね。しょせん、脇役だけど」
娘:「まあ、天滝以外で、敢えて言うなら…」

娘:「ヒルが主役かな」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/175-926b3572
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示