FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

裏見

何年か前の台風で右岸の崖が崩れて以来、ずっと観瀑が制限されている「棚下不動・雄滝」
2011年の東日本大震災でも更なる崩落があって、一向に制限が解除される気配がありません。

俺:「つうか、ますます復旧が遠のいたよなあ…」

そこで今回、「Waterfalls in Japan」では初めての試みですが、
8mm×30mロープ、ヘルメット、カラビナ、ハーネス、エイトカンなど、沢登り用具一式を揃え、

全て、完全に自己責任

ということで、沢側から滝前までアプローチをし、滝の撮影に成功しました。

※ご注意ください※

 棚下不動・雄滝は、2012年7月14日現在も、非常に危険な状態にあります。
 仮に、この記事をご覧になって訪問され、重大事故等に遭われても、
 私buddhistは、一切の責任を負いかねます。



棚下不動の滝・雄滝(落差37m)・全景】  (群馬県渋川市赤城町棚下)

というワケで、早速、観瀑成功を祝って、家族で映像鑑賞パーティーを開いてみました。

子:「うげ。滝裏のエグレ具合が凄まじい」
娘:「まるで洞窟じゃん」
兄:「よく、滝前まで行けたわ」
俺:「…いや…まあ…」

そのあたりの詳細は内緒。

子:「実は、ボクも色々調べたんだけどさ、崖の崩落以来、ゼンリンや、その他のネット地図から、棚下不動の滝は消えているんだよ」

ちょっと待って。
なんでゼンリン?
なぜ、ヤフーとかグーグルじゃないのだろう…。

妻:「どうして地図に載って無いの? 危険過ぎて?」
子:「たぶん」
娘:「ふ~ん。この洞窟みたいなの、見てみたいんだけど…」

けど?

娘:「そんなに危険なら、あきらめるか」

行く気やったんかい!


【棚下不動の滝・雄滝 (不動堂奥院前より)】

娘:「裏見がキレイ~」
兄:「飛沫も凄いな」
娘:「ねね、お父さん。コレ、雷滝を思い出さない?」

おお!
そう言えば、お嬢さんの裏見の滝初体験は、松川渓谷雷滝でした。

子:「ここ、百選滝の中では、裏見としては最大級だし…」
娘:「そうなんだ」
子:「かえすがえすも、ボク自身、滝見できないのが悔しいなあ」

棚下不動_落口
【棚下不動の滝・雄滝 (落口アップ)】

子:「でもこれで、お父さんも探検家の仲間入りだねえ」
俺:「はあ?」
娘:「だね。危険な滝を制覇したんだから」

いや、まあ、その…
なんというか、反応に困るお言葉です。

兄:「宙を舞う瀑水がいいわ」
娘:「ほんとキレイ」

子:「ボクも、沢登りを覚えようかな…」




人気ブログランキングへ
今はまだ、止めておけ。
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/166-76095418
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示