FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

雨どい

丹沢の西沢瀑布群を、引き続き、写真とビデオで家族観賞中です。

娘:「これは、絶対に雨どい
子:「なんという造形!」

そう!

滝の左岸側に、一段低くなったルンゼがあるにもかかわらず、わざわざ右岸の尾根側に、溝を掘るようにして落水している「本棚」
まるで、この滝だけが、自然の物理法則を超越してしまっているかのような、不思議な感覚を呼び起こします。

子:「これは、見れば見るほど、不思議な滝だ」


本棚(落差40m)・全景】  (神奈川県足柄上郡山北町中川 「西丹沢」

下棚から歩いて10分あまりのところにある「本棚」

わたくし、その昔に訪瀑した際には、一部で囁かれていた「丹沢唯一の100m滝」という話を、素直に信じていました。

しかし、今は、そこまで素人ではありません。

俺:「どう見ても落差40mだな」
子:「だね。やっぱり、落口が狭く溝みたいになっているのが、落差を見誤る原因じゃない?」
俺:「上が狭く、下が広がっているからな。それで、実際より高く見えるんだろうな」

落差に対する見解が、次男君と一致。

娘:「そんなことより、落口が雨どいなのが、すごく強烈だよ」
子:「新潟の浜滝も似たような落口なんだけどなあ。スケールが段違いだろ、これ」
俺:「もう、西沢瀑布群の盟主ですから」

娘:「王者の風格?」

子&俺:「それだ!」

本棚・落口
【本棚・落口アップ】

娘:「ねね、やっぱり緑がまぶしくて、キレイだね~」
子:「ボクは今、『自然の神秘』を目の当たりにしている~」
俺:「ふ。そうか」

どうやら、本題に突入する時がきたようです。

俺:「おまえら、『本棚』神秘は、これだけじゃないんだよ」
子&娘:「ホント?」

俺:「さあ、見るがいい!



人気ブログランキングへ
衝撃の次回!!  (嘘)
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/160-884ef029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示