FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

帰ります

【柿其渓谷の滝 その4】

子:「なんか小野の滝に似てない?」
娘:「似てる似てる」
俺:「そうかあ?」

言われてみれば、なんとなく、滝周りの岩肌が似てなくもないか…。

虹ヶ滝@柿其渓谷
虹ヶ滝(落差15m)・全景】  (長野県木曾郡南木曽町 『柿其渓谷』(かきぞれけいこく)

霧ヶ滝から10分もかからないところに、「虹ヶ滝」が懸かっています。
固有名を持った滝なので、てっきり本流滝かと思いきや…

子:「ただの支流滝だった…」
娘:「ちっちゃ~」
子:「どういう基準で命名してるんだろ」
俺:「知らんわ」

そして、「虹ヶ滝」の直ぐ下流側に、桜の花々を縫うようにして、結構、高さのある連瀑帯。


無名沢の連瀑帯

子:「水量が無いし、なんかショボイな」
娘:「高さはあるのにね」
子:「お父さん。まさか、ここが柿其渓谷の観瀑終点地じゃないだろうね」
俺:「なんで?」
子:「だって、ドンマイ過ぎるだろ!」

むう。
確かに、これでは、牛ヶ滝霧ヶ滝に比べて、どうしても見劣りします。

俺:「オホン。この奥には、まだまだ素晴らしい良滝が隠れているぞ」
娘:「ほんと?」
俺:「銚子滝とか大沢大滝というのがあるらしい」

子&娘:「行こう!」

俺:「ただし、片道3時間
子&娘:「は?」
俺:「おまけに、このクソ寒いのに沢登り必須
子&娘:「…」
俺:「どうする?」

沈黙。

子&娘:「帰ります」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/151-3476b0b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示