FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

美と力

子:「落口の形が、超神秘!」
娘:「ねえ、なんで、あんな風に岩が削れるの?」
子:「そりゃあ、落口がこう削れて…それで………なんでだよ」

俺:「また、このエメラルド・グリーンの水がすげえな」
娘:「あ、それ、花崗岩に含まれている鉱物の作用ってヤツでしょ!」
子:「そうそう。大地の奏でる、終わりのない芸術!」


牛ヶ滝(落差25m)・全景】  (長野県木曽郡南木曽町 「柿其渓谷」

田立の滝天河滝を観た後、まだ五つ、名前の付いた本流滝が残っていたのですが___

娘:「これから更に往復1時間も歩くなんて、絶対ムリ」

…ということになり、次の目的地である「柿其渓谷(かきぞれ・けいこく)に移動して来たのでした。

「牛ヶ滝」は、その渓谷入口に懸かっている滝ですが、
わたくしたちにとっては、いろんな意味で、非常にインパクトがありました。

まず、何より驚くのは、その落口の形

牛ヶ滝・落口
【牛ヶ滝・落口・右岸側アップ】

落口の本流は、左岸側の一段低くなっているところですが、
水流の右岸側が一段高くなっていて、そこからも、瀑水が落ちているのが分かりますでしょうか。

子:「なんでこんな風に浸食されるの? ワケが分からないぜ」
娘:「ねね、はやくカメラ代わって」
子:「待てよ。今、ボクが滝の神秘を堪能しているところだろ」
娘:「あたしも堪能したい~! 早く~早く~!」

それにしても、この形、
この、何て言うんでしょうか………

花崗岩って柔らかいモノなのか?

子:「そんなワケないだろ」


【牛ヶ滝・滝壺アップ】 (娘撮影)

そして、深い緑色の水

子:「西沢渓谷も青かったけど、ここ、なんか特別?」
娘:「うちのお風呂も、ときどきこんなグリーンになるよね」
俺:「それは、ただのバスクリンだ」
娘:「天然のバスクリン♪~」

そこに、日差しがサァーッと差し込んできました。

子&娘:「うわあ、!」

俺:「飛沫が凄いし、これは、かなりハイレベルの轟瀑」
娘:「水量、多いよ~」
子:「滝の本から、もっと絹糸のような優しい滝をイメージしてたんだけどなあ」
俺:「う~ん」
子:「こんなにも力強い滝だったとは!」

娘:「『牛ヶ滝』って、『美』『力』がひとつに溶け合う、珍しい滝だね」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
【おまけ】

そしてこちらは、「牛ヶ滝」の奥に懸かっている「ヒヤの滝」


ヒヤの滝(目測落差8m)・概観】

娘:「牛ヶ滝と、ピッタリつながってない?」
俺:「うむ。つながってるな」

腕を組む次男君。

子:「ハッキリ言って、『牛ヶ滝』に含めるべきだと、ボクは思う」

関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/148-f4309654
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示