FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

いまひとつ

【田立の滝 その2】

「田立の滝」入山にあたっては、まず、粒栗駐車場で、無人集金ポストに「環境整備費」なるものを入れて行きます。

娘:「一人200円だって」
子:「こういう募金ポストって、結構、多くないか」
娘:「そう?」
子:「ほら、丸神の滝とかにもあったじゃん」
娘:「あ~、そう言えば…」

暫く歩くと、最初の観瀑ポイントである「螺旋滝」への分岐。
その昔、スーツで来た時は、大変な藪に覆われて観瀑できなかった「螺旋滝」ですが、昨年終わった工事のお陰で道がしっかり整備され、すっかり生まれ変わっていました。

俺:「お~、キレイになっとる」
娘:「いちいち谷底に降りるのが面倒でイヤ~」
俺:「そう言うな。道があること自体、ありがたいだろ」

分岐からは、ものの10分も歩かないうちに、「螺旋滝」前に到着です。

螺旋滝
螺旋滝(田立の滝群)(落差25m)・全景】  (長野県木曽郡南木曽町田立 「大滝川渓谷」

俺:「で、どうや!」
子&娘:「ふ~ん」

あれ?
いまいちな反応。

娘:「だって、鬱蒼としてるし」
子:「この無駄にジメッとしてるの、嫌いだし」

そう?
なかなかの造形美だと思うけどな。

俺:「こう、左岸上からドーンと覆いかぶさってくるような感じや、滝前右岸の苔むした岩屋や………」

…確かに、スカッと突きぬけるような爽やかさは、無いようでございます。


【螺旋滝下流左岸・無名滝(目測落差40m)・概観】

そして、滝の下流左岸には、恐らく大雨後にのみ現れるだろう無名滝の滴れ。

俺:「こりゃあ、落差40m~50mくらいはあるかな?」
子:「うん。割とどうでもいい…」
俺:「は? 大雨後には大スペクタクルになるだろ?」
娘:「だからどうでもいい。大雨後なんて、どうせ来れないし」
俺:「…」

…お前ら、テンション低すぎ。


【螺旋滝・アップ】

子:「…うるう滝と比べて、いまひとつピンと来ない」
娘:「だね。うるう滝良滝に見えるよ」
子:「は? あれは、初めから良滝だろ!」

むう。

「螺旋滝」は、神秘というにはあまりにも開けており、
かと言って、観光の主目的としては物足りない、というこの微妙さが、
子供たちには受けなかったということでしょうか。

子:「あ、でも、歩く運動にはなったかもねえ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/142-269e55aa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示