FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

『田立大瀑布』

【田立の滝 その5】

娘:「感動的~!」

さすがは田立の滝群の盟主。その存在感は、明らかに、他の滝とは一線を画しています。


天河滝(落差45m)・滝下から】 (娘撮影)  (長野県木曽郡南木曽町田立 『大滝川渓谷』

霧ヶ滝でさんざん盛り上がったわたくしたちでしたが、いざ、「天河滝」まで来てみると、その美しさと迫力に、圧倒されてしまったのでした。

娘:「違うね」
俺:「違うな」
子:「違うわ」

「天河滝」が、これだけ頭抜けていると、霧ヶ滝天河滝を、別々に捉えるのも分かる気がします。

子:「確かになあ。昔の人だって、理由なく別々の滝名を付けたワケじゃないだろうし」


【天河滝・全景】

ひとしきり滝下で撮影をしていた娘が、次男君と一緒に、わたくしの所へ戻ってきました。

娘:「ねね、お父さん。わたし、やっぱりこの滝、二つで一つの滝だって気がする」
俺:「なんで?」
娘:「だって、ほら」

娘が指さす方を見ると…


【霧ヶ滝・落口】 (次男君撮影)

すぐ眼の前で、ストーンと落ちてゆく、霧ヶ滝の瀑水。

俺:「そうかあ」
子:「そうだろ」
娘:「そうでしょ」

「天河滝」の滝壺から、流路幾ばくもなく、直ぐに霧ヶ滝となっていく水の流れ。
実際に眼の前にあるので、説得力も大きいですな。

子:「ここはやっぱり、『田立大瀑布』ということで」
娘:「…もう少し、恰好いい呼び方ない?」

ふむ。
頭で「た行」の音が続き過ぎて、言葉の歯切れが悪くなっているか。

俺:「じゃあ、田立“不動”大瀑布ってのは?」
娘:「長いよ」
子:「じゃあ、木曽大瀑布!」
俺:「おまえ、他の木曽の滝はどうすんの? クレーム来るよ?」
子:「じゃあ、木曽グレート・フォールズ
娘:「なんで英語?」

子:「文句ばっか言ってないで、お前もなにか案を出せ」
娘:「え~?」

娘:「じゃあ、『田立大瀑布』でいい」




人気ブログランキングへ
ズコー………。
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/141-a3c3f167
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示