FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

ごめん

【アーカイブ 「伊那の滝」】

子:「よっしゃあ! 不動滝だああ!!」

ようやく吐き気が治まって、なんとなく元気になってきたわたくしは、
次男君の強烈なリクエストにお応えすべく、伊那路にまで足を伸ばすことにしました。

子:「う~、楽しみだゼ!」
娘:「そんなイイ滝なの?」
子:「落差は50m!」
娘:「結構あるね」
子:「なんで百選に選ばれなかったのかっていう、名瀑中の名瀑だよ!」
娘:「うわ~」

車の後ろで、なんだか盛り上がっている子供たち。

子:「しかも、駐車場からすぐらしいゼ!」
娘:「お手軽ってこと?」
子:「その通り!」


大島不動滝(落差50m)・全景】  (長野県下伊那郡高森町大島山)

子:「あれえ?」
娘:「水量が少ないね…」

暮れ行く夕陽と競争するように、滝前に立ったわたくしたちでしたが、
「大島不動滝」の滝姿は、しかし、予想とは違って、どことなく貧弱でした。

来る時期を間違えたか…。

子:「ぬああ、しかも逆光だし!」

三脚上のカメラをいじりながら、文句を言ってる次男君。

娘:「今って、一応、春だよね?」
俺:「う~ん、そのハズなんだが…」
娘:「もしかして、夏とか渇水期には、すご~くショボくなっちゃう滝なんじゃない?」
俺:「その可能性はあるかもな」

子:「ごめん」

娘:「なんで、あんたが謝るの?」


【大島不動滝・落口アップ】

子:「落口の窪んでいるところって、本来なら、ぜんぶ水が流れているんだろうな」
娘:「陰っちゃって、見えにくいし」

最初は全面的に陽が当たっていた落口の奥も、だんだんと影の部分が増えてきたようです。

娘:「うう、寒いし」
子:「ボクも寒くなってきた」
俺:「戻るか」

おもむろに駐車場へと向かいます。

娘:「ねね、車に甘酒ってあったっけ?」
俺:「あるか!!」

大島不動滝_その3
【大島不動滝・滝下から】

車に戻ると、早速、撮影してきた画像をチェックし始める子供たち。

子:「う~、楽しみだったのになあ」
娘:「ちょっと期待ハズレだったね~」
子:「落差50mに相応しい水量が欲しかったな」
娘:「だよね~」
子:「ボク、この不動滝が、なんで百選に選ばれなかったのか、分かった気がする」

観瀑前とは真逆の見解に到達した次男君。

子:「あ~あ、大雨の後なんかに、もういっぺん来てみたいなあ」
俺:「そんな、何度も来れるかよ」
娘:「でも、お手軽だったのはよかったね」
俺:「はは。まさしくそこだけだったな」

子:「ごめん」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/136-253e63ef
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示