FC2ブログ
11«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»01

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

初観瀑

【アーカイブ 「木曽の滝」 その1】

娘:「お父さん、大丈夫?」
子:「無理しなくていいから、もう少し休んで行こ?」

子供たちが心配そうに、わたくしの方を覗き込んでいます。

俺:「ああ…」

昨年の春のこと。

実は、法事の帰り、「せっかく遠出するんだし、滝にも寄ろうよ!」ということになったので、高速道路を途中で降りて、木曽の滝を巡ってみることにしたのですが…

連日連夜のハードワークで、わたくしの体力、思った以上に底を尽いていました。
もう、最初の目的地についた途端、嘔吐
慌てまくりの子供たち。

そりゃ、目の前で突然吐かれたら、誰だってビビリますわな。

娘:「ほら、お父さん、滝だから!」
子:「ほら、マイナスイオン浴びるといいよ!」

えっと…これは、ひょっとして…

俺:「…お前ら、滝さえ見せておけば、父は元気になると思っているのか?」
子&娘:「「違うの?」」

…。


唐沢の滝(落差60m)・下部全景】 (次男君撮影)  (長野県木曽郡木曽町新開)

この「唐沢の滝」、観瀑ポイントから観えるのは、残念ながら下部4段60mだけ。
この奥に、さらに上部3段40mが懸かっており、合わせて100mの大瀑布なのです。

予定では、右岸側の杣道を詰めて、上部まで確かめるハズだったのですが…

俺:「すまんな。父は力尽きている」
子:「うん、仕方ないよ。ゆっくり休んで」
娘:「お仕事、お疲れ様だね」

ああ、お前ら、なんて優しい言葉。

子:「で、僕らだけで行ってきてもいい?」
俺:「ダメに決まってるだろうっっっ!!」


【唐沢の滝・滝下から】 (次男君撮影)

子:「そんな危険なことしないから。滝下でビデオ撮るだけだし」
娘:「そうそう。他の人たちと同じだよ?」

二本木温泉の湯治客と思われる方々が、結構、観瀑に来られています。
小さなお子様までいて、なんだか楽しそう。

子:「ね?」
娘:「ね?」

ああもう、わかりました。先に行ってよし。

俺:「気力が湧いてきたら、俺も追いかけるから」
子:「無理しなくていいよ。ちゃんと写真も撮ってくる」

最近、三脚を使って写真を撮ることを覚えた次男君。
やる気まんまんです。

娘:「ビデオは、わたしにまかせて!」

うわ~、それは心配だ…


【唐沢の滝・左岸の観瀑広場から】 (次男君撮影)

ガチャ!(車の扉を開ける音)

ふと気づくと、わたくし、車のシートで爆睡していたらしい。

娘:「うわ~! 楽しかった!」
子:「堪能したゼ」
娘:「お父さんのいない滝見も、案外いいね」
子:「そんなこと言ってると、おまえ、チュウされっぞ?」
娘:「大丈夫。あたしの護りは鉄壁だから」

ガチャガチャと機材を片付ける子供たち。
結局、わたくし、滝には行かず仕舞い、でした。

子:「では、兄妹だけの初観瀑を記念して」
娘:「記念して」
子&娘:「「乾杯~」」

…!

俺:「おい、お前ら、何をしている!」
子:「あ、お父さん、起きた」
娘:「ジュースでお祝いしてるの」
俺:「あ、ジュースね」

で、わたくしの分は?

娘:「まだ、寝てていいよ」




人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/134-158e510b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示