FC2ブログ
10«1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»12

Waterfalls in Japan

夏休みの自由研究から始まった、滝をめぐる家族の冒険譚!

観瀑の条件

トンネルを越えて、山梨県から埼玉県に入ると、空模様がどんよりとしてきました。

子:「なんだか雲が重たくてヤダな…」

滝前でぼやく次男君。


丸神の滝(落差76m)・下段部】  (埼玉県秩父郡小鹿野町両神小森)

「丸神の滝」は、首都近郊の滝の中では最も落差のあるものの一つで、次男君も大いに期待していた滝でした。
してたんですが…

子:「青空ないと映えないし、つまんネ」
俺:「おい…」
娘:「紅葉にも早いし」
子:「下段の滑滝が、こんなにショボイし」
娘:「シブキも飛んでこないし」
子:「そもそも、滝壺すら無いじゃんかよ」

こらこら。

俺:「おまえら、文句言い過ぎだろ」
娘:「だって、ねえ」
子:「あきらめて、写真でも撮る?」

ぐぬぬ…


【丸神の滝・全景】

俺:「お~い、ちょっと上に登ってみようぜ」

下段の滝前から、杉の木立を縫うようにして登山道があります。どうやら尾根上の展望台に通じているようなので、行ってみることにしたんですが…

子:「ふおお。お父さん、前言撤回する! この滝、やっぱデカイわ!!」
娘:「うわあ、見ごたえある! めっちゃキレイ!!」

って、今度は手のひら返し?

子:「これは、この展望台に先に来るべきだろ!」
娘:「そうだよ!」
子:「やっぱ滝って、近くで味わうのもいいけど、まずは全体像を把握してからだ!」

なんで?

子:「たとえば、多段100メートルの巨大滝があったとする」
俺:「おう」
子:「だけど、険しくて近寄れないので、下段の5メートルしか見れない」

フッと妹に向き直る次男君。

子:「こんな滝、お前、どう?」
娘:「イヤ!」
子:「だよな~!」

…。

娘:「やっぱ、全体が見えなきゃ、100m滝の意味ないじゃん?」


【丸神の滝・上段部】

子:「今こうやって丸神の滝のスケールが分かると、さっきの滑滝が全然違って見えるだろ!」
娘:「そう! 別滝に変身だよ!」

なるほど。まあ、分からんではないですが…。

子:「…おまえ、今日は話が分かるじゃん!」
娘:「そっちこそ、今日はスルドイじゃん!」

子&娘:「「ふ!」」

子:「滝は、全体像を先に観るべし!」 (ビシッ)



人気ブログランキングへ
↑こちらをクリック!
関連記事
tb: 0 |  cm: 0
go page top

コメント

go page top

コメントの投稿

Secret

go page top

トラックバック

トラックバックURL
→http://bybuddhist.blog.fc2.com/tb.php/118-89231cd5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
go page top

プロフィール

インフォメーション

カレンダー

カテゴリ

今月の人気記事

リンク

RSSリンクの表示